本文へ移動

寄付をする

テーマ別:人道危機

「ウクライナから日本に避難している子どもの教育とメンタルヘルスに関する現状調査」 出版年: 2024年

自身も2022年5月に避難民として来日し、同年12月よりプランに勤務しているアンナ・シャルホロドウスカー職員が、日本に逃れてきて2年を経たウクライナ人の生活の変化について、子どもの教育とメンタルヘルスの側面からアンケート調査とインタビューを実施し報告書にまとめました。

「希望の物語 人身取引に立ち向かうコミュニティを後押しする」 出版年: 2023年

本報告書は、ネパールにおける人身取引に対するプロジェクトとその影響を紹介しています。

「放置された危機 提言書」 出版年: 2023年

ブルキナファソ、二ジュール、カメルーン北西部・南西部、モザンビーク、ハイチなど、紛争下の国で生き抜く子どもたち。よりよい保護と支援を提供するための提言をまとめました。

「ウクライナ避難民の日本での生活状況に関する調査」

2022年2月24日のウクライナ紛争激化から1年半が経過したなか、依然としてウクライナでは数百万人の人々が国内外への避難を強いられています。日本にも、2023年8月現在、約2000人のウクライナ避難民が暮らしています。
ウクライナから日本に避難してきた女の子や、子どもとともに避難してきた女性たちの日本における生活状況を把握するため、アンケート調査とインタビューを実施しました。本調査を担当したのは、自身も2022年5月に避難民として来日し、同年12月よりプランに勤務しているアンナ・シャルホロドウスカー職員です。

「ウクライナ紛争を語るユースたち:ウクライナの復興と復旧にユースの声を反映させる」 出版年: 2023年

プラン・インターナショナルは、紛争のためウクライナからモルドバ、ポーランド、ルーマニアに逃れた、あるいは現在もウクライナにいる200人以上の若者たちが参加する青少年協議を2023年4月~5月に開催。ウクライナの復興と復旧について交わされた若者たちの意見をポリシーペーパーにまとめました。本書では、ウクライナの未来に向けた新しいアイデア、革新的な思考、説明責任を果たしつつ自国の復興と再建に積極的に関わりたいと表明した若者たちの声を紹介しています。

「不可能な選択、聞こえない声」 出版年: 2023年

本報告書は、マリやブルキナファソを中心とする中央サヘル地域における紛争、気候変動、食料不安などがもたらす人道危機が、いかに女の子たちが持つさまざまな権利(保護、健康、教育、参加)を抑圧しているかを調査、分析したものです。危機下における女の子の権利の確保にむけて政府や支援団体、市民社会がとるべき対応についても提言しています。

「アフリカの角における飢餓と干ばつ危機のジェンダーによる影響」 出版年: 2023年

本報告書は、干ばつの影響を受ける人の数が増加しているアフリカの角の各国の状況を分析し、女の子と若い女性への影響を示しています。

「危機から教室まで 災害が女の子の教育へのアクセスに及ぼす影響を理解する」 出版年: 2023年

毎年、3700万人の子どもが、自然災害や人道危機によって教育を受けられず、とりわけ思春期の女の子への影響は甚大です。本報告書ではその影響と、支援・復興について取り上げています。

「生活を築く:シリア地震から1年」 出版年: 2023年

毎年、3700万人の子どもが、自然災害や人道危機によって教育を受けられず、とりわけ思春期の女の子への影響は甚大です。本報告書ではその影響と、支援・復興について取り上げています。

「危機状況下にある思春期の女の子たち:中米とメキシコにおける移住の経験」 出版年: 2023年

中米地域とメキシコ北部における強制移住や社会的またはジェンダーに基づく暴力の影響が思春期の若者の教育にいかに影響しているか分析した本報告書は、外的要因が思春期の若者の成長と発達にさまざまな影響を及ぼすことを明らかにしています。

「子どもの保護と食料安全保障:人道的環境における関連性の検証」」 出版年: 2022年

本検証は、人道的環境における子どもの保護と食料安全保障への対応を強化するために実施されたものです。

女の子の目を通して~ウクライナ危機の影響を受けた子どもたちの生活~

国連は、2022年3月25日時点で、180万人超の子どもがウクライナ国境を越えており、紛争が始まって以来、毎日7万5000人の子どもが難民となっていると推測しています。隣国モルドバ、ポーランド、ルーマニアに逃れてきた子どもや女性たちの経験とともに、プランが行う緊急支援を紹介します。

私たちの教育を守って~紛争下の学校を女の子にとって安全な場所にするために~

世界の紛争地域では、教育施設への攻撃や学校の軍事利用によって、学校に通うことができない子どもたちがいます。子どもたちが安心して学校に通えるために各国政府は何をすべきか、プランの提言をまとめました。

人道行動における子どもの保護の最低基準(CPMS)

緊急支援の現場において子どもたちを暴力や虐待、搾取から適切に守り、子どもの権利を実現するための概念および具体的措置が記載された国際基準のひとつです。プランは作成に協力しています。

『新型コロナウイルス感染症(COVID-19):6カ月の活動』

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック発生から6カ月を経たアジア太平洋地域の状況とプランの取り組みについて報告書にまとめました。

Childhood Interrupted(失われた子ども時代)(2018年)

ロヒンギャ族の難民キャンプで、2017年12月2日~5日に聞き取り調査を実施。難民と難民を受け入れているコミュニティ双方の子どもと母親が直面している課題をまとめています。

危機状況下にある思春期の女の子たち(2018年)

危機状況下にある思春期の女の子のニーズを探るため、南スーダンにおける紛争の影響を受けた女の子、バングラデシュの難民キャンプで暮らすロヒンギャ族の女の子、チャド湖流域に暮らす女の子の状況を調査した報告書を発表しました。

危機状況下にある思春期の女の子たち 南スーダンからの声

危機状況下にある思春期の女の子たち ロヒンギャの人々からの声

危機状況下にある思春期の女の子たち チャド湖流域からの声

トップへ