本文へ移動

寄付をする

地域別:アジア

「希望の物語 人身取引に立ち向かうコミュニティを後押しする」 出版年: 2023年

本報告書は、ネパールにおける人身取引に対するプロジェクトとその影響を紹介しています。

アジア太平洋地域の女の子たちの気候正義活動とリーダーシップ 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動問題に取り組む女の子とユース女性がどのように活動しているのか、活動に当たっての障壁などを考察、提言をまとめたものです。

「アジア太平洋ガールズレポート2022 未来に向けた女の子たちの挑戦」 出版年: 2022年

アジア19カ国と太平洋諸島14カ国・地域の女の子とユース女性が、リーダーシップを開発し発揮する機会を測定したものをまとめた報告書。気候変動対策を含めた7つの分野から各国の状況を評価しています。

「未来への架け橋:アセアンのユース雇用」 出版年: 2022年

本報告書は、特に女性や障害者の雇用に力を入れた、アセアンのユース雇用プログラム”BTF”に参加したユースのエピソードを集めたものです。

「今こそ行動を!  常識を変えていく」 出版年: 2022年

アジア太平洋地域における強制された早すぎる結婚が根強く残る社会規範・ジェンダー規範の弊害特定とジェンダー・トランスフォーマティブ・アプローチによる取り組みの地域研究を示した報告書

「今こそ行動を!声をあげよう」 出版年: 2022年

アジア太平洋地域で今なお続く強制された早すぎる結婚(児童婚) は、女の子の未来を奪い、貧困の連鎖を引き起こします。同地域の10カ国から集められた若きアクティビストたちの証言と各国での取り組みは、早すぎる結婚をなくすためのさまざまなアプローチ方法を教えてくれます。

「私たちの声 私たちの未来」(2022年)

フィリピンの4 つの州(マギンダナオ州、ラナオ・デル・スル州、バシラン州、スールー州)では、早すぎる結婚(児童婚)の慣習が根強く存在しています。この問題を解決するためには、貧困や教育の状況や州ごとの特性にも注目する必要があります。レポートでは、それらを踏まえた今後の対応にも言及しています。

アジア太平洋ガールズレポート2021:声、選択、パワー

南アジアおよび東南アジア19カ国を対象に、ジェンダー平等と女の子や女性のエンパワーメントに焦点を当てて調査を実施。女の子やユース女性がリーダーシップを発揮できているか、そして新型コロナウイルスの影響を分析しています。

『新型コロナウイルス感染症(COVID-19):6カ月の活動』

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック発生から6カ月を経たアジア太平洋地域の状況とプランの取り組みについて報告書にまとめました。

アジア・ガールズ・レポート(2020年)

アジア地域の思春期の女の子が直面しているさまざまなジェンダー不平等。これを埋める対策を講じるための有効なデータを提示しています。

TIME TO ACT! アジアにおける強制的な早すぎる結婚の撤廃に向けた取り組みを加速化させるために: 効果的な支援と戦略(2018年)

2018年、プランは南アジアと東南アジアで高い頻度で発生する、強制的な早すぎる結婚について調査を実施、その結果と結果に基づく提言を発表しました。

Childhood Interrupted(失われた子ども時代)(2018年)

ロヒンギャ族の難民キャンプで、2017年12月2日~5日に聞き取り調査を実施。難民と難民を受け入れているコミュニティ双方の子どもと母親が直面している課題をまとめています。

トップへ