ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

企業の社会貢献活動として 支援事例

これまでの支援事例、企業としての参加のあり方をまとめた資料抜粋版をご用意しております。事例の詳細、ご支援の方法など、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

広報マーケティング部 企業連携担当
TEL:03-5481-7100(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:hello@plan-international.jp
メールでのご連絡は、「企業支援事例について」と明記してください。

企業支援事例集(抜粋)

企業支援事例集(抜粋)

企業のCSR(企業の社会的責任)としての支援

朝日ライフ アセットマネジメント株式会社

朝日ライフ アセットマネジメント株式会社

社会貢献ファンドの信託報酬の一部から毎年支援

朝日ライフ アセットマネジメント株式会社は、SRI(社会的責任投資)として運用している「朝日ライフ SRI社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)」で、その信託報酬の一部から社会的課題に取り組む団体を支援されています。

プラン・インターナショナルは第1期から毎年寄付先に選ばれ、継続的にご支援をいただいています。第17期ご寄付はベトナムにおける「幼稚園・小学校教育」プロジェクトに活用させていただき、山岳地域の子どもたちの未来をつくる活動を推進します。

  • *「あすのはね」は日本で先駆的にSRI(社会的責任投資)に着目し、投資信託商品を通じたよりよき社会創造を目指すビジネスモデルが評価され、2017年グッドデザイン賞を受賞されました。
地域で初めて実施された体育の授業

地域で初めて実施された体育の授業

ベトナム語が分からない子どもに細やかな指導を行う

ベトナム語が分からない子どもに細やかな指導を行う


株式会社日能研

株式会社日能研

プラン・スポンサーシップと教育プロジェクトへの継続支援

日能研は、『すべては子どもたちのために』をモットーに、小学生のための中学受験塾事業を展開されています。同社の目指すこと、「子どもたちや地域と一緒になって未来を作り出す」が、プラン・インターナショナルの活動と一致している点にご賛同いただき、長年にわたりご支援いただいています。1991年からプラン・スポンサーシップ、2009年からはガオ村スクール・スポンサーシップを通じ、合わせて33のチャイルドおよび学校と交流されるだけでなく、1996年からはプラン・特別プロジェクトを通じてアジアの学校建設プロジェクトに継続してご支援くださっています。

校舎の完成を喜ぶ子どもたち(ベトナム)

校舎の完成を喜ぶ子どもたち(ベトナム)

洪水にも対応できるよう設計された校舎(フィリピン)

洪水にも対応できるよう設計された校舎(フィリピン)

女子効率学校の教室建設の様子(パキスタン)

女子効率学校の教室建設の様子(パキスタン)


株式会社ユニクロ

株式会社ユニクロBecause I am a Girlキャンペーンの対象プロジェクトマーク

ノバク・ジョコビッチ選手と設立のファンドより、途上国の女の子たちを支援

株式会社ユニクロはプロテニス選手ノバク・ジョコビッチ氏とファンドを設立し、「Clothes for Smilesプロジェクト」として世界中の子どもたちに夢と希望を提供しています。その活動のひとつとして、2013年からバングラデシュ、ジンバブエ、ガーナの女の子たちのエンパワーメントを目指す女子サッカープロジェクトにご支援くださいました。
サッカーの練習やキャンプを通じて女の子たちが、多くの仲間とともに同じ目標に向かって努力する体験の中で、学校や社会で自らの意見を発信する能力、自信や自尊心を育てていく様子を、当該プロジェクトのウェブサイトにて定期的に情報発信くださいました。

ガーナ サッカー大会のひとこま

ガーナ サッカー大会のひとこま

Clothes for Smiles

Clothes for Smiles


住友化学株式会社

住友化学株式会社

オリセット®ネットを通じたアフリカ支援

住友化学では、「CSRは単なるチャリティーではなく、会社の事業活動を通じて豊かな社会の実現に貢献すること」と捉え、CSR活動に積極的に取り組まれています。その一つの例がマラリア防圧のための蚊帳「オリセット®ネット」の売上げの一部を活用したアフリカでの教育支援活動です。プラン・インターナショナルへは、2010年以降、継続的にアフリカ各国(マリ、ガーナなど)における教育支援プロジェクトをご支援くださっています。2012年には、同社のオリセット®ネットを通じた取り組みが高く評価され、企業として初めて「読売国際協力賞」を受賞されました。

新しい校舎の完成を喜ぶ子どもたち(モザンビーク)

新しい校舎の完成を喜ぶ子どもたち(モザンビーク)

乳幼児施設での授業の様子(マリ)

乳幼児施設での授業の様子(マリ)

明るい教室で授業を受ける子どもたち(ガーナ)

明るい教室で授業を受ける子どもたち(ガーナ)


双日株式会社

双日株式会社

明日のアフリカを担う子どもたちへの教育支援

「双日グループは、誠実な心で世界の経済や文化、人々の心を結び、新たな豊かさを築きつづけます。」という企業理念に基づき、社会貢献活動を世界の様々な地域で実践されています。特に「人とのつながり」を重要なテーマの一つとし、「人に直接かかわる教育支援」を重点分野として次世代に繋がる活動に取り組まれています。

プラン・インターナショナルへは、2010年からタンザニアにおける乳幼児教育、モザンビークにおける初等教育を継続してご支援いただきました。プロジェクトの進捗状況は同社ウェブサイトだけでなく、イントラネットやパネル展示を通じてグループ内外にも報告され、広く大勢の方々に共有されています。

校庭の遊具で遊ぶ子どもたち(タンザニア、マリザ村)

校庭の遊具で遊ぶ子どもたち(タンザニア、マリザ村)

新しい校舎の完成を喜ぶ子どもたち(モザンビーク、マライッサ・バンベラ村)

新しい校舎の完成を喜ぶ子どもたち(モザンビーク、マライッサ・バンベラ村)

新しい乳幼児教育施設の前に集合した新入生たち(タンザニア、マヒナ・カティ村)

新しい乳幼児教育施設の前に集合した新入生たち(タンザニア、マヒナ・カティ村)


武田薬品工業株式会社

武田薬品工業株式会社

アジアでの保険医療アクセスへの長期的な支援

歩行器の支給を受けた女の子(フィリピン)

歩行器の支給を受けた女の子(フィリピン)

武田薬品工業では、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」という経営理念のもと、「国際社会の要請に応えるCSR活動」の強化を推進されています。

プラン・インターナショナルへは、2009年からアジア4カ国(タイ、フィリピン、インドネシア、中国)における、現地のニーズに寄り添う保健医療環境の改善プロジェクトをご支援くださっています。人々の行動変容や能力強化を通じて社会への波及効果が現れるには、長期的な支援が必要という考えのもと、5年間という長期にわたる活動へのご支援となりました。また、同社では、これらの活動がどのMDGs(国連ミレニアム開発目標)の達成に寄与するかを明確にされており、国際社会の要請に応える支援となっています。

宅にトイレを設置した家族(インドネシア)

自宅にトイレを設置した家族(インドネシア)

性教育の授業の様子(タイ)

性教育の授業の様子(タイ)

中学校の寄宿生へのスープの支給(中国)

中学校の寄宿生へのスープの支給(中国)


第一三共株式会社

第一三共株式会社

巡回医療サービスプロジェクトを通じ、MDGs達成に貢献

第一三共グループは「医療アクセスの改善に資する社会貢献活動」をCSR中期方針の重要課題の1つに掲げ、MDGsの達成に向けた貢献活動に取り組んでいます。2011年からは、乳幼児・妊産婦死亡率の高いタンザニア、カメルーンでの巡回医療サービスプロジェクトをご支援いただいています。

プロジェクトでは保健員トレーニング、母親や地域住民への意識啓発、巡回医療用車両を用いた予防接種促進と妊婦の産前ケアなどを行い、より多くの子どもと母親が基礎保健サービスを受けることを目指しています。

村での保健デーに集まってきた子どもたち

村での保健デーに集まってきた子どもたち

巡回医療サービスで予防接種を受ける乳児

巡回医療サービスで予防接種を受ける乳児

回医療車の前で子どもたちの成長記録をつけるコミュニティ保険員

巡回医療車の前で子どもたちの成長記録をつけるコミュニティ保険員

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン