ルワンダの女の子が綴る日々のできごと Girls Diary from ルワンダ

Vol.3

ヤギ、ランプ、生理用品が支給されることになりました

ニュースに沸き立つ、レベッカのクラスメートたち

ニュースに沸き立つ、レベッカのクラスメートたち

こんにちは、レベッカです。
今日はみなさんに素敵な報告があります。
日本から応援してくださる皆さんのおかげで、わたしたちの家庭に家畜やソーラーランプ、そして生理用品などが入った「ガールズ・キット」が配られることになりました。

友だちはみんな、知らせを聞いて大喜び。
私たちにとって、この三つの品々は安心して学校に通い続けるためには欠かせないものだからです。

私の暮らす地域では、女の子にはあまりお金をかけられません。
だから女の子の家に家畜が増えたら、とても助かります。
私は、もしヤギをもらえたら一生懸命育てて、生まれてくる子ヤギを売って、そのお金で学校に必要なノートや服やかばんを買いたいと思います。
私が暮らす地域の女の子たちは貧しいので、学用品や服を買えないことも多く苦労をしています。家畜を育てられたら、学費のことで親に心配をさせなくてもよくなります。

家畜は貴重な財産

家畜は貴重な財産

私の家では灯油をなかなか買うことができないので、夜は真っ暗な闇に覆われます。
たきぎを燃やしたりしますが、本を読めるような明るさではありません。
女の子はみんな、学校から家に帰ると、暗くなるまで家の手伝いをしなくてはいけないので、灯油を買うことができない家では勉強をすることは難しいです。
ランプがあれば、夜になっても寝るまでの時間に勉強したり、本を読めたりすると思うと、想像するだけでわくわくしてきます!

ソーラーランプ

ソーラーランプ

帰宅後は、弟をつれて水汲みへ

帰宅後は、弟をつれて水汲みへ

生理用品や石けんが手に入るのも、うれしいです。
私の家では、生理用品や石けんなどを買う余裕がないので、自分で町の市場までアボカドを売りに行って、必要なものを買うようにしていました。アボカドを集めて、町の市場まで行って売るのは、とても時間がかかるし、疲れます。

このなかで一番楽しみなものは何かですって?
私が一番、楽しみにしているのは生理用品。
いつでも清潔に過ごしやすくなるのがとてもうれしいです。
生理のために学校を休まなくてよくなるし、服が汚れなくて男の子にからかわれる心配もなくなります。

フランソワーズの学校でも、日本からの贈り物のニュースが伝えられたようです。
フランソワーズはどの品が一番楽しみなのかな?

フランソワーズです。
私も日本からの贈り物の知らせを聞いてとてもうれしくなりました!
日本のみなさんのおかげで、家畜やランプや生理用品が届いたら、みんなにとって学校で勉強を続けるための大きな励ましになると思います。

私は、家畜がもらえたらいいなと楽しみにしています。
家畜は私たちにとって大切な財産です。
家畜が増えたら、それを売って、これまで女の子には買ってもらえなかったものが買えたり、学費が理由で学校に行けなくなったりすることが少なくなるからです。

レベッカも私も、いつか日本の皆さんに「ありがとう」と心からのお礼を伝えたいと話していました。
そうしたら本当にすごい知らせが飛び込んできました。。。
今日、みなさんに、本当にとっておきのニュースをお伝えします。。。
私たち二人が日本に行って直接皆さんにお会いできることになりました!

二人ともルワンダの首都のキガリにも行ったことがないのに、遠い日本に行くことになって驚いています。

レベッカは、広島の原爆の話を先生から聞いたことがあるそうです。私は、日本はとても技術のレベルが高い国と聞きました。はじめての外国、はじめての日本で、いろいろと見て、体験したいです。
そして、私たちと同じ年ごろの女の子たちと話をして、日本では、女の子たちはどのような思いで学校に通っているのか聞いてみたいと思います。

みなさんに会えるのを楽しみにしています!

帰宅後に食事の準備をするレベッカ

帰宅後に食事の準備をするレベッカ

水汲み場から水をかついで歩くフランソワーズ(奥)

水汲み場から水をかついで歩くフランソワーズ(奥)

ヤギとランタンがどうして女の子を支援することになるの?

ルワンダでは中学校の就学率をみると、女の子と男の子はほぼ同じか、女の子のほうが若干高いほどの水準にあります。しかし、次の学年に進級できず同じ学年を繰り返す割合や中途退学する割合は、女の子のほうが男の子よりも多くなっています。プランが実施した調査によると女の子は男の子よりも1日のうちで家事労働の時間が多く、教育を受けていない若い女性は、就労の機会も男の子に比べて限られていることがわかっています。ヤギやランタンは、女の子が教育を続け、将来を切りひらいていくための重要なサポートとなります。

ページトップへ戻る

女の子が尊厳ある人生を送れる社会をめざして。あなたもいっしょに応援しませんか?

ルワンダを含む途上国51カ国で展開する支援活動は、女の子やその家族、地域住民とともに話し合い、めざす具体的な成果を明確にしながら、中長期的な計画によってプロジェクトを実施しています。生活環境の改善や教育・就学のための学校や施設の設備、衛生的なインフラの整備、緊急保護など。プラン・インターナショナル・ジャパンが行う活動は、皆さまからの温かい支援に支えられています。

「女の子」が立ちあがる日、世界中」から勇気を届ける日

アクセス

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F&11F  TEL:03-5481-0030