Home > 寄付・参加する > 寄付をする

寄付・参加する What You Can Do

いろいろな支援の方法をお選びいただけます。

  • 寄付をする
  • 参加をする

寄付をする

Girl’s Projectは、女の子の問題に絞って活動するプロジェクトです。
現地のニーズに合わせて実施します。プロジェクトの数や内容は、随時変わります。
継続・都度どちらの方法でもご支援いただけます。

Girl's Project 継続寄付 継続的なご支援で、女の子の問題に総合的に働きかけます

Girl's Projectをまとめて継続的にご支援いただく方法です。貧困の中で、社会的にも経済的にも、より困難に直面している女の子たちの問題を解決するためのプロジェクトを支援します。 ※予算や現地のニーズに応じ毎年、プロジェクトの数や内容は随時変わります。

Girl's Project 継続寄付
● Girl's Projectについて
  • Girl's Project継続支援は月額ひと口、1000円から
  • プロジェクト活動報告書(年1回)、年次報告書と機関誌(年3回)をお届けします
  • ご希望のプロジェクトを視察できます

※対象プロジェクトは、「テーマ別Girl's Project」をご確認ください。

対象のGirl's Projectをまとめて継続的に支援する

テーマ別Girl's Project(2016年7月~2017年6月) プロジェクトへの寄付

  • ルワンダ 差別をなくすジェンダー教育プロジェクト
  • トーゴ 若年層の女性の経済的自立プロジェクト
  • ネパール 女性への暴力撲滅・保護プロジェクト

ルワンダ

差別をなくすジェンダー教育プロジェクト

支援対象校の生徒たち
支援対象校の生徒たち

授業の様子
授業の様子

ルワンダは、国の政策で女性の国会議員が世界一多い国です。
しかし、人々には男らしさのひとつとして「暴力は男らしさである」との考えが根強く、女性への暴力が許容されやすく、多くの女の子が男の子や男性から暴力の被害に遭っています。女の子が、安心して通えるはずの学校でもそれは同様です。状況を改善し、女の子に安全な環境を整えるためには、男の子の参加と、若い頃から男の子と女の子が一緒にジェンダーについて理解し、差別や偏見をなくすことが必要です。

※本プロジェクトは、持続可能な開発目標(SDGs)で掲げる「目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う」に貢献します。

対象地域 対象者
南部州ニャルグル郡 中学生の男女1500人
学校運営委員会、教師
保護者、行政官など

● 支援策

  • 女の子の安全に配慮したトイレや女子専用部屋の設置
  • 男の子も参加するジェンダーに基づく暴力防止啓発チームの設置
  • 女の子のためのキャンプ、カウンセリングやライフスキル教育
  • 教師や教育省職員へのトレーニング、住民への意識啓発活動

● めざす成果

1500人が通うルワンダ南部州ニャルグル郡の3つの中学校で、女の子の安全に配慮した環境を整備します。また、男女の協働を通じ、女の子が暴力に脅えずに通える学校づくりを目指していきます。

このプロジェクトに寄付をする(クレジット/コンビニ決済)

トーゴ

若年層の女性の経済的自立プロジェクト

お金の管理方法などを学びます
お金の管理方法などを学びます

子どものいる母親も参加
子どものいる母親も参加

西アフリカのトーゴでは男女の社会的役割が分かれており、多くの面で男性に有利な社会となっています。そのため、女性は経済活動機会に恵まれず自立することが困難です。中央州アデレ地域は都市部から遠く貧しい地域で、職に就けない若者も多く暮らしています。とりわけ未婚のまま若くして母親になった女の子たちには、自活の手段がなく、経済的にさらに追い詰められた状況です。商売を始めようとしても、資金の融資を頼める正規の金融機関が無いことも女の子の自立を阻む障壁となっています。

※本プロジェクトは、持続可能な開発目標(SDGs)で掲げる「目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う」に貢献します。

対象地域 対象者
中央州ブリッタ県アデレ地域 若年層の男女
女の子と女性:2600人
男の子と男性:1400人

● 支援策

  • 商売の資金確保へ向けた村落貯蓄貸付グループの立ち上げと運営
  • 石鹸作りなど商売のための実践的な技術指導
  • 起業するためのトレーニング(会計処理、市場開拓など)
  • ライフスキル教育やカウンセリングなどの実施

● めざす成果

若年層の男女4000人(うち女性2600人)を対象にした村落貯蓄組合や起業支援を通じ、女の子の経済的自立を促進します。また、ライフスキル教育によって問題解決能力や対人関係力を高め、社会の中で生きていく力を備えられるようにサポートします。

このプロジェクトに寄付をする(クレジット/コンビニ決済)

ネパール

女性への暴力撲滅・保護プロジェクト

保護施設の内部(イメージ)
保護施設の内部(イメージ)

女性人権擁護スタッフの研修
女性人権擁護スタッフの研修

ネパール西部のバルディヤ郡は都市部から遠いため、開発が進まず経済的に困窮している地域です。地域には多くの課題がありますが、人々の間に男性優位の考えが根強いことから、女性への家庭内暴力や性暴力の問題が深刻化しています。司法が公正に判断しないこともあり、加害者の男性は罰せられず、逆に被害者である女性が差別され、行き場を失い、人身売買の犠牲になることもあります。被害女性の保護や支援をする行為への反発も強いことから、行政の協力や関係者の能力強化が欠かせません。

※本プロジェクトは、持続可能な開発目標(SDGs)で掲げる「目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う」に貢献します。

対象地域 対象者

バルディヤ郡

被害女性150人と女性人権擁護スタッフ、警察、病院などの関係者

● 支援策

  • 被害女性を保護する施設(1カ所)の建設・運営サポート
  • 被害女性へのカウンセリングや学業、生計向上活動を支援
  • 女性の人権擁護に関る人々の能力強化
  • 行政レベルでの女性の保護に関する協力体制の構築

● めざす成果

保護施設の設置や被害者支援の充実、女性人権擁護スタッフ、警察、病院など関係者の能力強化や行政への働きかけによって、暴力の被害にあった女性たち150人が安心して生活できる環境を作り、ジェンダーに基づく暴力をなくします。

このプロジェクトに寄付をする(クレジット/コンビニ決済)

寄付についてのお問合せ・資料請求プラン・インターナショナル・ジャパンへの寄付は寄付金控除の対象となります。
通話料無料 平日9:00~17:30 0120-400-422E-mail:hello@plan-international.jp
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F&11F TEL:03-5481-0030 アクセス