ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【フィリピン】小学校建設プロジェクト

※プロジェクト予算は、送金月の指定レートを適用し、日本円換算いたします。

実施場所 フィリピン、マスバテ州バルド町カサモンガン村
プロジェクトの規模 約620万円
実施内容 1教室、男女別トイレ・手洗い場の建設、教室備品の支給

マスバテ州の状況

写真:マンゴーの木の下で授業を受けている子どもたち

マンゴーの木の下で授業を受けている子どもたち

同州では、政府の教育予算の不足により、施設の不備を含む教育の質の低下を招き、その結果、初等教育と中等教育の両方で、高い留年率と中途退学率、全国統一テストでの成績低迷が問題となっています。また女子の場合、小学校高学年になると、トイレ設備や月経衛生管理の不備により、常習的な欠席や中途退学につながってしまっています。

プロジェクト実施地の状況

カサモンガン村には150世帯の人々が暮らし、主に農業や漁業で生計を立てていますが、十分な収入を得られず貧しい生活を強いられています。村内にあるカサモンガン小学校は、バルド町の中心街から20キロメートルのところに位置し、村内の1年生から6年生までの子どもたち197人(男子91人、女子106人)が通っています。全8クラスに対し5室しかない教室は、幼稚園クラス、1年生から4年生の計5クラスが使用する一方で、教室を使用できない5年生32人(男子19人、女子13人)は屋外のステージ上で、6年生24人(男子11人、女子13人)はマンゴーの木の下で授業を受けています。また、衛生・給水施設の不備が原因で、特に女の子は通学意欲を失い、常習的な欠席を繰り返した末、中途退学に至る場合が多くあります。

プロジェクトの概要

カサモンガン小学校に、1教室、男女別トイレ・手洗い場を建設し、必要な教室備品を支給することで、同校で学ぶ子どもたちと教師により良い学習環境を提供します。また、適切な月経衛生管理の推進により、5年生、6年生の女子児童の出席率と中退率、衛生状態を改善する。

プロジェクトにご関心がありましたら、どうぞお気軽にお問合わせください。
より詳しいプロジェクト提案書を送付いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5481-7100(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:hello@plan-international.jp


SP(スポンサー)番号をお持ちの方は、その番号をお知らせください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン