あなたの参加が世界を変える
2017年​1月​20日​号
vol.231
 

正しく表示されない場合はこちらをご覧ください。

TOPICS

社会課題への取り組みをともに発信~株式会社ユニクロとの事例より~
世界の各地から
社会課題への取り組みをともに発信
~株式会社ユニクロとの事例より~
バングラデシュ、ジンバブエ、ガーナでの『女子サッカープロジェクト』の成果は…
記事を見る

働きがいのある仕事を女性たちに~インドネシア~
世界の各地から
働きがいのある仕事を女性たちに
~インドネシア~
技能に加えて社会人教育を導入し、人材育成に取り組んだ職業訓練プロジェクトは…
記事を見る


STAFF BLOG

ドイツでの難民支援を視察して
ドイツでの難民支援を視察して
事務局長 佐藤活朗
弱い立場に置かれる子どもや女性のために。支援活動の経験と学びは、今後に生かせる…
記事を見る


Plan Japan TV

マンガで広める、女の子の安全なバス通学~ベトナム~
マンガで広める、女の子の安全なバス通学
~ベトナム~
バスの中は危険と隣合わせ。痴漢被害を訴えた女の子が、バスから降ろされたことも…
動画を見る(YouTube)




支援者へのお知らせ
領収証明書は1月下旬にお届けします
1月限定便箋
支援者の会開催報告
支援者の会スケジュール
 
事務局からのお知らせ
【参加募集】支援説明会スペシャル(1/28)
「コロンビアのチャイルドを訪ねて」
書き損じはがき・未使用はがきキャンペーン2017
若者向けのアンケートにご協力ください!(2017/1/27まで)
支援説明会「プラン・ラウンジ」開催
1月~2月のスケジュール掲載


 
寄付する
 


 
編集後記
 
  世界の政財界のリーダーやセレブなど、招待された人だけが出席できる、「ダボス会議(世界経済フォーラム、2017/1/17~20)」に、プラン・イターナショナルのCEO(アンネ・ビルギッテ・アルブレクトセン、以下AB)が参加しています。経済のグローバル化による格差、若者の貧困や失業率の高さなど、課題が山積するなか、ABは、女の子への投資とジェンダー平等が、経済成長に直接的な影響を与えることを実証するウガンダの活動事例を紹介。これは、スウェーデンの政府機関や民間企業とともにプランが実施した、若者の収入増加を目的としたプログラムで、2012年から4年間に参加した1万2000人の収入が平均6倍以上となる成果をあげています。抱える課題を解決するためには、公的機関、民間企業、政府と市民社会など、さまざまなセクター間のパートナーシップが、重要な役割を果たすことをプランが証明しています。(辻)

次号は2月3日(金)配信予定です。
 
 

本メールマガジンは、アドレスをご登録された方および、名刺交換させていただいた方に、
プラン・インターナショナル・ジャパンの活動や世界のプランからの最新情報を配信しております。

 
  発行元 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
〒154-8545
東京都​世田谷区​三軒茶屋​2-11-22​サンタワーズセンタービル11F
TEL:03-5481-0030 / FAX:03-5481-6200
mail:hello@plan-international.jp