あなたの参加が世界を変える
2017年​7月21日​号
vol.243
 

正しく表示されない場合はこちらをご覧ください。

TOPICS

九州北部豪雨緊急支援~ご寄付をお願いします~
九州北部豪雨緊急支援
~ご寄付をお願いします~
避難所の人々が安心して眠れるマットレスを届け、“子どもひろば”を設置…
記事を見る


TOPICS

女性性器切除から女の子を守る~エチオピア~
女性性器切除から女の子を守る
~エチオピア~
女の子の心と身体を傷つける慣習。激痛と出血をともなう施術は、死に至ることも…
記事を見る

シリア難民の子どもの教育支援~エジプト・ヨルダン~
シリア難民の子どもの教育支援
~エジプト・ヨルダン~
プロジェクト担当スタッフと日本人職員が語る、子どもたちへの熱い思い…
記事を見る


STAFF BLOG

写真:声を上げはじめた女性教師たち~ラオス~
声を上げはじめた女性教師たち
~ラオス~
プログラム部 長島 千野
「ボッバー・ニンサイ(ラオス語:男女の役割)」と「ジェンダー」の違いに気づいて…
記事を見る




支援者へのお知らせ
「2018年カレンダー付きグリーティングカード」
キャンペーンのお知らせ
通信物再開のお知らせ
ピウラ活動地域~ペルー~
7月限定便箋
支援者の会スケジュール
 
事務局からのお知らせ
セミナー登壇のお知らせ(7/27 虎ノ門)
~NGO/NPO連携と企業価値創出~
プラン・ニュース105号ができました
東アフリカ食料危機緊急支援進捗報告
支援説明会「プラン・ラウンジ」開催 
7月のスケジュール掲載


 
寄付する
 


 
編集後記
 
 

九州北部の豪雨被害の発生2日後に現地入りした、番場職員に話を聞きました。「平和な日常の町から、わずか数十分歩いた道路が土砂に埋もれ、電線が垂れ下がり、家屋が傾いている。目の前に、家をなくした人がいる。困っている人がいるならば、動ける人が手を差しのべればいい。そう思いながら私は動いています。それぞれが、その時にできる支援を…それは、寄付であったり、ボランティアという形になるのでしょう。夏休みが繰り上げられ、避難所で過ごす時間が長くなる子どもたちが気がかりです」と、昨年の熊本地震、2011年の東日本大震災でも、被災地で支援に携わった経験を思い出しながら語ってくれました。被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。(辻)

九州北部豪雨緊急支援

次号は8月4日(金)配信予定です。

 
 

本メールマガジンは、アドレスをご登録された方および、名刺交換させていただいた方に、
プラン・インターナショナル・ジャパンの活動や世界のプランからの最新情報を配信しております。

 
  発行元 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
〒154-8545
東京都​世田谷区​三軒茶屋​2-11-22​サンタワーズセンタービル11F
TEL:03-5481-0030 / FAX:03-5481-6200
mail:hello@plan-international.jp