ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

助産師育成で安全な出産を~ラオス~

Because I am a Girl

(2015/01/14更新)

病院で実習を行う生徒たち

病院で実習を行う生徒たち

ラオスの山岳地帯に暮らす少数民族の妊産婦たちは、文化的、言語的な壁を理由に保健センターでの出産を望まず、出産時の母子死亡割合が依然として高い状態にあります。プランは、民族の多様性に対応できる助産師育成に向けた奨学金制度を導入し、安全な出産の割合を高めるための取り組みを行っています。

言語の障壁により伝統的な出産を選択

ラオス北部のボケオ県には、10の少数民族が存在し、ほとんどの村人たちはラオス語を話しません。妊産婦たちはコミュニケーションに負担を感じる保健センターよりも、伝統的な、自宅もしくは森の中での出産を選びます。

少数民族の間には、健康上の問題は悪霊によって引き起こされるとする考えが根強く、妊産婦の体に問題が生じた場合、たいていは祈祷師に助けを求めます。ホウア・ナムカ保健センターの男性助産師、キング氏によると、2013年にセンターで出産したのは、10~40km離れた場所にある村の女性2人だけでした。

助産師の育成を支援

日々意欲的に勉強に取り組むソウラスさん

日々意欲的に勉強に取り組むソウラスさん

プランは、異なる少数民族から25人の女の子たちを選んで助産師育成の奨学金を開始しました。さらに県ごとに保健センターを設立し、雇用の確保と保健サービスの向上をはかっています。ビエンチャン市にある学校での在学中は、家から遠く離れて勉強に励む奨学生向けの宿舎や、相談のできる助言者の紹介なども含めた学習支援を提供しています。各地から集まった生徒たちは、最終試験に備える中、親しい関係を築きました。

2012年、助産師になる勉強をするためにプランから奨学金を受け取ったソウラスさんは、ボケオ県の貧しい地域の出身です。彼女は家から20kmも離れたパクタ中学校に通うのに、メコン川を毎日渡らなければなりませんでした。「学校へ行く道のりは危険なものでした。メコン川まで歩き、川を渡ると、30分バイクに乗って学校まで行きます。私が通っていた頃は、学校の外にある小屋で寝泊まりし、週末だけ家に帰っていました」。中学を卒業すると、パクタに住む女性たちの安全な妊娠と出産を手助けしたいと、助産師になる決意をしました。「私はいつも大学で学びたいと思っていたのですが、プランの奨学金のおかげで、このような素晴らしい機会に恵まれました。私は自分の住む県での母子の死亡率を減らしたいと願っています」とソウラスさんは夢に向かって努力を続けています。

2014年10月には、モン、カム、クイ、ラムド、ルー、アカ族出身の奨学生たちが無事に卒業。今後はそれぞれの県の保健局を通じて保健センターでの勤務を開始する予定です。

プランは、異なる民族的、言語的背景の人々への保健サービスの改善を重要と考え、この奨学金制度を今後も継続する予定です。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン