ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ジェンダー平等の進捗を計る指標を策定 ~「イコール・メジャーズ2030」~

Because I am a Girl

アドボカシー

お知らせ

(2019/12/10更新)

12月10日は、「人権デー」です。すべての人間は、性別による差別を受けることはなく、自由に生きる権利を持っていると世界人権宣言に明記されていますが、今なお多くの女の子や女性が、ジェンダー平等ではない状況に置かれています。この日に寄せて、2019年の調査報告書『イコール・メジャーズ2030:ジェンダー平等にむけて~データの力を活用する~』の日本語概要版を発表します。

「見えない存在」に置かれていた女の子たち

イコール・メジャーズ2030(以下、EM2030)はプラン・インターナショナルの呼びかけで結成したパートナーシップで、持続可能な開発目標(以下、SDGs)の進捗をジェンダー平等の達成度という観点から包括的に評価する取り組みです。さまざまな調査のなか見過ごされ「見えない存在」とされてきた女の子と女性の現実を可視化するために、データの収集に取り組んできました。
このたび策定された51の「SDGジェンダー指標」は、さまざまなレベルの政策決定者、ジェンダー平等のための活動団体など、多くの人が課題解決に必要な投資の指標として利用できます。「SDG目標5ジェンダー平等の達成」の取り組みを加速させるよう働きかけるツールとしても活用することができます。

51の「SDGジェンダー指標」を策定

SDGsにおけるジェンダー平等の達成度を評価するための51の指標は、17あるSDGの目標のうち、特にジェンダーの視点から捉えるべき14の目標の進捗をはかるものです。SDGジェンダー指標をスコア化し、全体のスコアが100に近ければ近いほど、その国はジェンダー平等に近づいていることを意味します。

調査により、世界の約14億人の女の子と女性が、ジェンダー平等にはほど遠い国々で生活していることが分かりました。スコアが80以上の国に暮らしているのは、全世界の女性人口のたった8%です。

写真:ジェンダー平等を目指して「女の子と女性とともに、女の子と女性のために」

ジェンダー平等を目指して「女の子と女性とともに、女の子と女性のために」

国や地域ごとの特徴を可視化

指標化できたことで、調査対象国を2018年の6カ国から129カ国に拡大し、調査がすすめられました。
これにより、各国の違いや地域別の傾向が可視化されました。
地域別では、アジア太平洋地域の国々は、女性の政治社会進出でスコアが特に悪い傾向にあるものの、防災については世界と比較して非常にすすんでいること、ラテンアメリカ諸国は、殺人を含め、ジェンダーに基づく暴力に関する指標が世界でもっとも悪い地域になっているなど、地域や国により重点課題の違いがより鮮明になりました。

写真:緑色ほどSDGsが進捗していることを示す

緑色ほどSDGsが進捗していることを示す

進捗が見られる目標と課題のある目標

一部の地域を除いて、SDGの各目標には一定の進捗があることが分かりました。しかしながら世界的に、ジェンダー平等をかかげているSDG5については、課題が多くある状況です。ジェンダー平等を目指すための予算の策定、女性向けの公的サービス、政治や経済分野への女性の進出、男女の賃金格差など、世界に共通した課題があることもデータにより明らかになりました。

写真:「ジェンダー平等推進者がよりよいデータを手にすれば、大きな変化をもたらせる」

「ジェンダー平等推進者がよりよいデータを手にすれば、大きな変化をもたらせる」

EM2030の提言

  1. 次のEM2030報告書が発表される2021年までに、世界各国でジェンダー平等へむけた取り組みをすすめること
  2. ジェンダー平等の課題に直面している、脆弱国、紛争影響国に効果的で質の高い財政支援を行うこと
  3. 政策やその実施のための資金が、世界的に進捗が遅れているジェンダー課題(SDG5、9、13、17)に焦点をあてること
  4. 人権規範や原則にのっとり、データの質、妥当性、使い方を改善すること。これにより、より困難な状況にある女の子や女性の声を政策に反映させること
  5. さまざまなレベルにおいて、女の子や女性を支援する活動へ優先的に資金拠出すること。ジェンダー平等推進者などジェンダー平等にむけて鍵となる人々の、SDGジェンダー指標、国家統計などのデータを利用する能力強化をすすめること

SDGsの達成期限まで、あと11年しかありません。それまでに各国が「SDGジェンダー指標」のスコア100を目指して、全力で取り組んでいくことが必要です。EM2030の次回の報告書は、2年後の2021年に発表予定です。それまでに少しでもスコアが改善されるよう、プランは関係各所に働きかけていきます。

イコール・メジャーズ2030

イコール・メジャーズ2030~ジェンダー平等にデータの力を活用する~

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト
  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン