ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

遊びで子どもたちの発達を支援~セネガル~

世界の各地から

(2015/06/10更新)

セネガルでは、遊びを通じて子どもたちの発達を支えるプレイグループを各地で結成し、これまでに約4万5500人の子どもたちが参加しました。1歳以下の赤ちゃんの免疫力向上、母親の産前産後の相談、健康管理、子どもの成長観察などの支援を通して、子どもの健やかな発達に貢献しています。

子どもたちの健やかな発達をサポート

子どもの発達に応じた遊びで能力を引き出します

子どもの発達に応じた遊びで能力を引き出します

健康診断も行い、身体の発達を見守ります

健康診断も行い、身体の発達を見守ります

プロジェクトでは、保育の資格を持つ地元ボランティアが栄養面、社会面、情緒面にわたる子どもたちのケアを献身的に行っています。週に3度、参加する子どもたちに地元の穀物の入った食事を提供する他、地域に伝わるおもちゃや工場製のおもちゃが集められた図書館では、ボランティアが子どもたちの心身の発達を引き出す、歌やダンス、童歌などの活動を用意しています。

ロウガ地域の村で農業を営む40歳のナデアエは、息子がプレイグループでさまざまな刺激を受けて、能力を発揮するようになったことに感激しています。「自分の子どもはまだ4歳ですが、プレイグループに参加してから、私やきょうだいたちとしっかりとコミュニケーションがとれるようになったのには、びっくりしました。私は、幼い子どもが大人としっかり接することができるなんて、想像できませんでした」とナデアエさん。

地元ボランティアのアビバトウさんも、プレイグループに参加する子どもたちの変化に手ごたえを感じている一人です。「子どもたちはボランティアに教えられたとおり衛生面に気をつけるようになり、今では石けんで手を洗い、毎日お風呂に入り、清潔な洋服を着ます。両親たちは子どもたちの行動の変化を受け入れています」

プレイグループで栄養改善の取り組み

15コミュニティの224の村につくられたプレイグループは母親、新生児、乳幼児、年少者の死亡率を減らすことにも取り組んでいます。3歳以下の子どもたちへの発育ケア、子育て中の母親たちへの栄養指導などが主体で、特に、乳幼児の母親に対して、生後6カ月になった赤ちゃんに補助食を与えて、体重を維持するよう奨励しています。子どもたちの栄養を維持するための経済的な支えも必要なことから、地域ではそれぞれの村で委員会を立ち上げ、地域が保育園に提供する食べ物を各家庭から集める体制も整備しました。

プレイグループは、遊びを通じた支援に加えて、栄養の摂取と母親の子育てを支援することで、乳幼児期からの子どもたちの健やかな発達を支えています。

身体の部位を人形で遊びながら学習

身体の部位を人形で遊びながら学習

屋外での活動も活発に

屋外での活動も活発に

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン