ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

子どもたちを健やかに育む保育所の設立~エチオピア~

世界の各地から

(2015/12/21更新)

エチオピアでは、現地の提携団体ラトソンと一緒にオロミア州のアンボ地域で保育所の増設を進めています。保育環境が充実することで、より多くの子どもたちが健やかに育つことができるようになります。

安全に過ごし、学べる保育所

すべり台で遊ぶハウイさん

すべり台で遊ぶハウイさん

アンボ出身のワーキネシュさん夫妻には幼い孫たちがいます。夫妻が子育てをした時代には、保育所がなく、子どもたちは屋外で過ごしていました。夫妻の子どもの一人が6歳の時にロバから落ちて手を骨折したことがあり、それ以来、幼い子どもたちが屋外で過ごす事に不安を覚えていたと言います。

保育所の増設により、幼い子どもたちの安全環境が向上したと、村の人々はとても喜んでいます。ワーキネシュさん夫妻も自分たちの孫たちが安全な場所に通うことができるようになり、孫たちの安全に対する不安から解放されたと言います。

社会的なスキルを身につける

おままごとセットも

おままごとセットも

ワーキネシュさん夫妻の孫で、5歳になるハウイさんは保育所に通うことで大きく成長しました。ハウイさんはおとなしい性格で他の子どもと遊ばず、活動的ではありませんでしたが、4歳になってこのセンターに通い始めてからは、社会的スキルを身につけ、他の子どもとも遊ぶようになりました。学校から戻ると、彼女は一日の出来事を親に話したり、歌を歌ったりするようになり、自分の手や顔を自分で洗えるようにもなりました。

保育を担当するビスネシュ・シシエさんは、「ハウイさんは保育所に通うようになって自信をつけました。はじめ彼女は怖がって、自分の名前さえ言えませんでしたが、今は出欠を確認する時、泣いてしまう代わりにしっかりと返事ができますし、他の子どもともよく遊びます」。

ハウイさんは言語能力においても成長し、自分の考えを自由に表現することができるようになりました。地域の小学校の校長ドリバ・デクシサさんは、「保育所に通った子どもたちは、小学校に入学してからも学ぶのがとても早く、責任感を身につけ、自分のことを表現することができます。学校になじむのもとても早いです」と、保育所に通った子どもたちの発達の程度を評価しています。地域では保育所の普及に向けて期待が高まっています。

保育所の元気な子どもたち

保育所の元気な子どもたち

敷地には遊具も備えられています

敷地には遊具も備えられています

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン
  • youtubeアイコン