ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

株式会社イトーヨーカ堂が全店舗レジおよびセブンマイルプログラムで募金を開始 国際NGOプラン・インターナショナルの「アフリカ7カ国・食料危機緊急支援」 最も危機に瀕している子ども・女の子たちを守るために

プレスリリース

(2022/08/31更新)

国際NGOプラン・インターナショナル(所在地:東京都世田谷区 理事長:池上清子 以下、プラン)は、株式会社イトーヨーカ堂(代表取締役社長:山本 哲也、以下「イトーヨーカドー」)が全店舗の会計レジの募金箱で展開する募金活動の寄付先として選定されました。
2022年9月1日(木)~11月30日(水)の3カ月間、イトーヨーカドーにて集められる募金の全額が、現在プランが実施している「アフリカ7カ国・食料危機緊急支援」活動に充てられます。
また、同社では、コロナ禍において募金活動が困難ななか、非接触型であるセブンマイルプログラムを通じたWEB募金も実施いたします。

「飢餓の危機から命と未来を守る」

【レジの募金箱】

「飢餓の危機から命と未来を守る」

【店内告知ポスター】

イトーヨーカドーの協力により、危機に瀕しているアフリカの子ども・女の子たちを守ります

アフリカ大陸東端の「アフリカの角」と呼ばれる地域や「中央サヘル地域」では、降雨の不足による深刻な干ばつに加え、紛争や暴力、大規模な人口移動、政治的不安定などの影響で差し迫った食料不足に直面しています。
これらの飢餓が深刻な国々では、幼い子どもたちが、1日1食、ときにはそれ以下の食事で生き延びています。
大勢の子どもたちは空腹のため学校に通うことができません。特に女の子たちは、ジェンダーの不平等により、食事をとる順番が最後になることが多く、少ない量しか得られないため、栄養不良に陥りやすくなります。さらに、ジェンダーに基づく暴力、早すぎる結婚(児童婚)や強制結婚、教育の中断などが、女の子の権利に壊滅的な打撃を与える危険性があります。
プランは、飢餓の危機が最も深刻なアフリカ7カ国(ケニア、エチオピア、ソマリア、南スーダン、マリ、ブルキナファソ、ニジェール)において、現地のニーズに即した支援活動を強化します。同時に、子どもの保護プログラムを拡大し、危機下にある子ども、特に女の子を早すぎる結婚(児童婚)や虐待、搾取から守る取り組みを行います。

  • *イトーヨーカドーは、国内のGMS(総合スーパー)として初めて全国のイトーヨーカドー全店舗の会計レジに募金 箱を通年設置し、年間を通じてお客様・従業員へ募金を呼びかける活動を行なっており、3カ月単位でさまざまな社会的課題の解決への一助になるテーマを決めて実施しています。

【プラン・インターナショナルとは】
子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGOです。創立は1937年。長年にわたり、子どもや若者、地域の人々とともに地域開発を進めてきました。すべての子どもたちの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。市民社会、政府機関や国際機関と連携しながら、世界を持続的に、前向きに変えていきます。

このリリースに関するお問い合わせ

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
広報担当 平田
TEL:080-1017-4200
E-mail:press@plan-international.jp

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト

メールマガジン

プランの活動や最新情報を
お送りしています。

ご登録はこちら

公式SNS

世界の子どもたちの今を発信中

  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン