プラン・インターナショナル・ジャパンのボランティア・寄付 ホーム > プラン・インターナショナル・ジャパンの活動報告 > 東日本大震災活動報告

東日本大震災活動報告

東日本大震災で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

プラン・インターナショナル・ジャパンでは、2011年3月より、被災地の子どもたちのために「緊急物資支援」、「学校再開に向けた支援」、「子どものためのスペース設置」、「心のケア支援」「子どもの声の発信」などの活動を続けてまいりました。

心理士会の有志メンバーからなる「ケア・宮城」や地元の自治体、NPOとの連携をもとに、被災地の方々や子どもたちに寄り添って活動できたことが大きな力となりました。なかでも、「WHO版心理的応急処置−現場の支援者のガイド」日本語版の製作や「被災者の心をささえるために−地域で支援活動をする人の心得−」を発行したことで、より多くの皆さまに「心のケア支援」のあり方についてお伝えできたのは大きな成果でした。

東北に拠点をおいての活動は2012年6月末をもって終了しましたが、これからも上記冊子の普及および心のケア支援に関する啓発活動などを通じて、災害から子どもたちを守る活動を続けてまいります。

2012年の活動報告

2012年の活動報告

詳細を見る

2011年の活動報告

2011年の活動報告

詳細を見る

心のケア

被災者の心を支えるために−地域で支援活動をする人の心得−

サイコロジカル・ファーストエイド

専門家に限らず誰でも、被災者を取り巻くすべての人々の少しの配慮や気遣いによって、被災者の心を大きく支えることができます。
被災者と関わる上で知っておきたい、被災者への心配りや地域を尊重する支援活動の方法が分かりやすくまとめられた手引きです。

「心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)フィールド・ガイド」PDF

国内向けにまとめられたものはこちらです。

「被災者の心を支えるために−地域で支援活動をする人の心得−」PDF

「被災者の心を支えるために−地域で支援活動をする人の心得−」を職場・地域などでまとめてご配布いただける場合には、以下までご請求ください(無料)。
お届けには1週間程度かかります。

[冊子・資料のご請求・お問合わせ]
コミュニケーション部
TEL:03-5481-0030(平日9:00〜17:30)
E-mail:library@plan-international.jp
ご請求の際には、件名を「PFA」とし、以下の項目をお知らせください。
お急ぎの場合はご利用希望日をお知らせください。
  1. (1) 氏名
  2. (2) 送付先住所と電話番号
  3. (3) SP(スポンサー)番号(お持ちの方のみ)
  4. (4) 希望冊子数

子どもメディア・プロジェクト

子どもメディア・プロジェクト

子どもたちの視点や声を伝える、「子どもメディア・プロジェクト」をご紹介します。

 

みんなで笑顔!プロジェクト

みんなで笑顔!プロジェクト

東日本大震災で被災した人々の心のケアを行う、「みんなで笑顔!プロジェクト」をご紹介します。

各国からのメッセージ

各国からのメッセージ

プラン・インターナショナルが活動している世界中の国から届いた、日本へのお見舞いや応援メッセージをご紹介しています。

ページトップ
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン 〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F&11F TEL:03-5481-0030 アクセス