ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【経過報告】「女の子が売られない社会づくり」プロジェクト~ブルキナファソ~

アフリカ

ガールズ・プロジェクト

更新)

プラン・インターナショナルは、2019年7月から、「女の子が売られない社会づくり」プロジェクト(ブルキナファソ)を実施しています。現在までの活動の進捗をご報告します。

背景

ブルキナファソでは、国内および近隣国への子どもの人身取引が深刻です。子どもたちは、金採掘場、農場、雇用主の家などにおいて労働搾取を受け、健康を害したり精神的なトラウマを抱えたりするケースが多発しています。特に女の子は性産業に従事させられたり、雇用主による性搾取の被害にあったりすることも多く、特別なケアが必要とされます。

写真:「女の子が売られない社会づくり」プロジェクト(ブルキナファソ)

寄付手続きに進む
ガールズ・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

活動のハイライト

人身取引について話しあうコミュニティ集会 / ©プラン・インターナショナル

人身取引について話しあうコミュニティ集会 / ©プラン・インターナショナル

人身取引の発生要因を議論するコミュニティ住民たち / ©プラン・インターナショナル

人身取引の発生要因を議論するコミュニティ住民たち / ©プラン・インターナショナル

人身取引防止のためのパトロールを行う関係者 / ©プラン・インターナショナル

人身取引防止のためのパトロールを行う関係者 / ©プラン・インターナショナル

データ収集強化のための行政関係者対象ワークショップ / ©プラン・インターナショナル

データ収集強化のための行政関係者対象ワークショップ / ©プラン・インターナショナル

子どもの保護を訴え「アフリカ子どもの日」にマーチ / ©プラン・インターナショナル

子どもの保護を訴え「アフリカ子どもの日」にマーチ / ©プラン・インターナショナル

職業訓練で縫製技術を学び収入向上を目指す女の子 / ©プラン・インターナショナル

職業訓練で縫製技術を学び収入向上を目指す女の子 / ©プラン・インターナショナル

人身取引について話しあうコミュニティ集会 / ©プラン・インターナショナル

人身取引の発生要因を議論するコミュニティ住民たち / ©プラン・インターナショナル

人身取引防止のためのパトロールを行う関係者 / ©プラン・インターナショナル

データ収集強化のための行政関係者対象ワークショップ / ©プラン・インターナショナル

子どもの保護を訴え「アフリカ子どもの日」にマーチ / ©プラン・インターナショナル

職業訓練で縫製技術を学び収入向上を目指す女の子 / ©プラン・インターナショナル

活動内容

プロジェクト2年目の今期は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防に配慮しながら、人身取引に関するラジオ放送、子ども対象の研修、コミュニティ住民を対象にした集会などを通して、人身取引防止に関する意識啓発に特に力を入れました。また、人身取引根絶に取り組む実務者への支援として、市民組織や政府関係者などを対象にした研修や、裁判官、検察官、警察などによる人身取引と法律に関して話し合う集会も開催しました。こうした取り組みにより、今期は41人の子どもに対して保護・帰還支援を行うことができました。また、保護された子どもをプランが行う職業訓練などのサービスにつなげていく流れが確立され、地域での協力体制が強化されました。

おもな活動の成果

地域 ポニ活動地域 ブグリバ県、イオバ県、ヌンビエル県、ポニ県
期間 3年(2019年7月~2022年6月)
2021年度
おもな支援内容と対象
  • 人身取引から救出された子どもの保護や帰還支援(41人、うち女の子13人)
  • 人身取引にあうリスクが高い女性と若者や人身取引から救出された被害者の職業訓練(71人、うち女の子46人)
  • 性と生殖に関する健康、人身取引に関する子どもの意識啓発(252人、うち女の子162人)
  • 人身取引防止のための出生登録の強化(500人、うち女の子320人)
  • 人身取引に関するラジオプログラムの放送(6回)
  • 人身取引に関して話し合うコミュニティ集会(28回)
  • コミュニティ内に、人身取引に関する意識啓発のためのポスターを掲示(140枚)
  • 市民組織や政府関係者などを対象とした研修(4回)
  • 人身取引防止のためのパトロール(8回)
  • 行政関係者を対象とした、人身取引に関するデータ収集強化のためのワークショップ(4回)
  • 裁判官、検察官、警察官などを対象とした、人身取引と法律に関して話し合う集会(2回)
  • 「アフリカ子どもの日」に、子どもの保護に関するイベントを実施(9回)

現地の声

クレアさん(仮名)、13歳、人身取引の被害にあい支援を受けた女の子
「私の家族は大家族で、父には3人の妻と17人の子どもがいました。家族は農業で生計を立てており、子ども、特に女の子には勉強は必要ないという考えだったので、私は小学校4年生で学校を中途退学し、家事手伝いをしていました。ある日、家族の一人がコートジボワールにいる兄を訪問するというので一緒に行ったところ、違う村に連れていかれ、ある男性に売られました。そこでは性行為を強制され、抵抗すると暴力を受け、罵声を浴びせられました。当時、私は十分な食事も与えられず、どこへ逃げればよいのかも分かりませんでしたが、第三者の通報により警察に助けられ、プランの支援を受けて家に帰ることができました。プランは家族に対して、今後二度とこのようなことが起きないようにと伝えてくれました。今は自由の身となり、本当に嬉しいです」

寄付手続きに進む
ガールズ・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト