プラン・インターナショナル・ジャパンのボランティア・寄付 ホーム > プラン・インターナショナルとは

About Plan プラン・インターナショナルとは

途上国の子どもたちとともに地域開発を進める国際NGOプラン・インターナショナル。

プラン・インターナショナルは、国連に採択された「子どもの権利条約」にのっとり、すべての子どもたちが権利を享受し、本来の可能性を発揮できる世界の実現を目指し活動しています。

プラン・インターナショナルの目標と使命

プラン・インターナショナルの目標と使命

VISION プラン・インターナショナルの目標

私たちは、子どもの権利が守られ、女の子が差別されない公正な社会を実現する。


MISSION プラン・インターナショナルの使命

私たちは世界中の人々とともに、以下の活動を行う。

1. 子どもや若者・地域社会が、女の子や、疎外され弱い立場にある人々への差別の根本原因を断ち切り、変革できるよう力づける
2. 子どもたちが直面している課題に対し、私たちの知識や経験を生かして、地域や国・国際社会が政策や意識・行動を変えていけるよう促す
3. 子どもたちや地域社会が、自然災害や紛争などの危機的状況に備え、対応し、困難を乗り越えられるようともに働く
4. 子どもたちが、誕生から大人になるまで、安全な環境のもと、健やかに成長できるよう支える

活動の基本方針(プラン・インターナショナルが取り組む8つの分野)

活動の基本方針(プラン・インターナショナルが取り組む8つの分野)

「地域の自立」がプラン・インターナショナルの最終目標。
住民や子どもたちが主役となって、活動を進めます

プラン・インターナショナルの活動の最大の柱は、「子どもたちとともに進める地域開発」という手法です。地域が抱える問題の認識からプロジェクト計画立案、実施、事後評価まで、すべてのプロセスに、地域の住民、なかでも子どもたちが主体的に関わります。こうすることで、地域の担い手としての能力を身につけ、自立していくことができるのです。

プラン・インターナショナルの基本データ

プラン・インターナショナルの基本データ

プラン・インターナショナルは、世界70カ国で活動を展開する、
国連に公認・登録された国際NGOです

各国の事務所と職員は明確な役割分担のもと、寄付金を最大限効果的に活用し、世界規模での活動を行っています。

プラン・インターナショナルの歴史

1937年 ひとりの戦災孤児を路上で保護した
イギリス人から活動は始まりました

「この子の名前はホセ。私はこの子の父親ですが、街が占拠されれば殺されるでしょう。この子を見つけた方、どうか面倒を見てやってください」スペイン内戦の最中、そう書かれた紙切れを手にした5歳の男の子を保護したイギリス人ジャーナリスト、ジョン・ラングドン=デービスは、友人エリック・マッゲリッジとともに「スペインの子どものためのフォスター・ペアレンツ・プラン委員会」を設立。戦災孤児のための施設を開設しました。

プラン・インターナショナル・ジャパンとは

プラン・インターナショナル・ジャパンとは

内閣府に認定された公益財団法人。
日本国内で途上国支援の輪を広げます

プラン・インターナショナル・ジャパンは、国際NGOプラン・インターナショナルの一員として、世界の支援国と共通の目標・使命のもと、途上国開発を推進しています。皆さまに信頼していただける団体であり続けるために、プロジェクトの管理や支援者への活動報告はもちろん、会計報告や個人情報保護などを徹底しています。また、国内で途上国支援の輪を広げるべく、さまざまな機関、団体、企業、学校などとの連携を深めています。

ページトップ
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン 〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F&11F TEL:03-5481-0030 アクセス