プラン・インターナショナル・ジャパンのボランティア・寄付 ホーム > スタッフ日記 > プラン・インターナショナル・ジャパンStaff日記

スタッフ日記

プランのマクワンプール事務所、
パートナー団体のスタッフとラクシミ(右から3人目)

2016年5月、プラン・マンスリー・サポーターで支援している児童労働プロジェクトを視察しました。ネパール中部のマクワンプール活動地域でこのプロジェクトを担当しているラクシミは、2009年のプロジェクト開始時から関わっています。開始当時のことや現在までの話を聞くことができたのは貴重でした。ラクシミは2014年の国際ガールズ・デーにプランのネパールの児童労働に関する活動を語るため、児童労働の当事者である子どもたちとともに来日しました。親戚が日本でネパール料理のレストランを営んでいるので大の日本好きでもあります。

今回視察したのは、マクワンプール郡の中心、ヘタウダ市。プロジェクト開始後の統合により市が大きくなり、同じ予算でプロジェクト対象地域が拡大したのがチャレンジでした。

6年間の変化 プロジェクトに参加した女の子

洋品店を開いたアニタさん

アニタさん(20歳)は、幼いときにインドからヘタウダ市に両親と6人のきょうだいと移住してきました。その後父親が行方不明になり、母親は長女のアニタさんに頼りきりで働かず、アニタさんは14歳から昼は洋品店、夜は家事使用人として働き始めました。使用人として働いていた雇い主の女性は酒癖が悪く、いつもアニタさんを罵ったので、とてもつらい思いをしていました。そんなときにプランのプロジェクトを友だちが教えてくれたそうです。非公式学級で算数などを学んだ後、職業訓練を受け、さらにミシンを支給してもらい、3年前から自分で洋品店を始めました。過酷な労働で精神を病んだ妹をカトマンズからヘタウダ市に呼び戻し、また、弟たちを学校に通わせるなど、家族全員の面倒をみています。そんなアニタさんをみて、母親も最近になって野菜売りなどをするようになりました。

行政との連携が地域のモデルケースに発展

児童労働は人権侵害と訴えるパレード

ネパールでは14歳以下の労働は違法、15歳から18歳までの労働者は心身の成長を阻害しないよう、成人とは異なる労働基準法が適用されるとのこと。ネパール政府は国として2020年までに児童労働をゼロにする、と宣言しています。

ヘタウダ市の福祉局は、各地区に児童労働撲滅を目的としたチームを配置し、警察やNGOなども加わり、幅広い関係者で取り組んでいます。2016年5月には、第8地区が「児童労働ゼロ」を宣言しました。

しかし、いまだ調査から零れ落ちてしまう子どもたちがいるのも事実。解決には、「まずは親の雇用確保が一番」との声が多く上がっていました。

写真:木を運ぶ女の子たち

木を運ぶ女の子たち

写真:食品雑貨店を開いた元カムラリ*の女の子

食品雑貨店を開いた元カムラリ*の女の子

子ども保護委員会と行政官と一緒に

プランの6年間の活動を経て、ヘタウダ市はひとつのモデルケースになり、近隣地域に普及させる手本となりました。これからも、福祉局担当者をはじめ、多くの人々で、子どもたちが過酷な状況で働くことがないように、見守って行きます。

*カムラリ:金銭または物と引き換えに家事労働を強いられている女の子。

写真:活動を見守り支えるドライバー
活動を見守り支えるドライバー
ネパールは急峻な山に囲まれた山岳国。プランの活動地域は、そうした山間を抜けた先に点在するコミュニティです。頻繁にコミュニティへ通うスタッフを安全運転で送り届けてくれるのがキリティさん。スポンサーのコミュニティ訪問のときも運転手を務めてくれます。

日本からのスポンサーのコミュニティ訪問に同行したとき、キリティさんが運転する山道があまりに危険なことに驚き、ご自身が持っていた日本の交通安全のお守りをくれたそうです。「これがあれば、事故には遭わないから」と。それから15年間、フロントグラスに日本のお守りをつけて走り続けたといいます。その後、新しい車になったときに残念ながらお守りはなくしてしまったのですが、「今でも無事故でいられるのは日本のスポンサーにもらったあのお守りのおかげだと思っています」とキリティさんは笑顔で語りました。

【ご参考】

.jpg

「ありのまま」を守る支援を

東京大学 東洋文化研究所 教授

安冨 歩さん

写真:安冨 歩さん 東京大学 東洋文化研究所 教授

安冨 歩さん
東京大学 東洋文化研究所 教授

経済学者で「女性装の東大教授」としても知られる安冨歩さん。子どもがのびのびと成長できることを重視する点でプランとも重なるメッセージを持つ先生に、お話を伺いました。

子どもへの暴力が、大人の世界へも続く

思想家のアリス・ミラーは、ナチスに着目し、子どもへの暴力が大人の社会を形づくっていると結論づけています。ナチスを牽引したヒトラーは幼少期、厳格な父親に鞭で叩かれながら育ちました。当時のドイツではこのような暴力的な教育方法が広まっており、ヒトラーはユダヤ人を迫害することで、自分と同じ育ち方をした人たちに怒りを移す先を提供したために熱狂的な支持を得ました。私たちの生活は、このような暴力の移し合いによって成り立っています。私も性自認に反して男性の格好をしていたときは、どこかに暴力を生み出していたでしょう。

子どもたちを守ることが、世界を守ることにつながる

自分自身が暴力を生み出しつつ人助けをしようと思っても効果的ではありません。まずは自分が苦しんでいる暴力の問題に取り組み、それに非暴力的に抵抗することが大事です。そして、現在の子どもたちには余計なしつけや強制をせず、一人ひとりの精神がのびのびと成長するように守ることが必要です。マイケル・ジャクソンはグラミー賞の受賞演説で、今日のさまざまな問題は子どもたちから楽しい子ども時代を奪った結果だと指摘しました。マイケルいわく、子どもたちは世界を癒す創造力の種。私たち自身が怒りを移さず、子どもが自然のままに成長していける環境を確保することが、世界の救済につながります。


ハイチのスポンサーシップ

プログラム部

林 美穂

ハイチよりこんにちは。

2013年10月よりプラン・インターナショナル・ハイチへ派遣され早2年半が過ぎました。今回は、ハイチにおけるプラン・スポンサーシップの活動について、少し紹介します。

ハイチのプランは1973年に設立され、数多くあるNGOのなかでも早くから活動をはじめたNGOの一つです。歴史が長い分、コミュニティとのつながりもとても強く、厚い信頼を寄せられています。2010年のハイチ大地震直後は、親や親戚、友人を失くし、辛い思いをした子どもたちに、心のケアや子どもの遊び場・遊具の提供をしました。また、歌やダンス、サッカー大会などを開催して、子どもたちが笑顔を取り戻すためのサポートをしました。

写真:「ハイチ復興のため一緒に遊んで学ぼう」と書かれた横断幕

「ハイチ復興のため一緒に遊んで学ぼう」と書かれた横断幕

写真:地区対抗少年サッカー大会

地区対抗少年サッカー大会

写真:コミュニティの少女たちのダンスで活気づけ

コミュニティの少女たちのダンスで活気づけ

写真:小学校低学年への遊具の提供

小学校低学年への遊具の提供

ファシリテーターの活動

ファシリテーターによる衛生キットの支給

ハイチにはプラン・スポンサーシップで登録されている約3万6000人のチャイルドがいます。その活動は、ドイツやスウェーデンを中心としたプラン18カ国のスポンサーにより支えられています。ちなみに、日本人スポンサーと交流するチャイルドは172人(全体の0.5%以下)と少なめです。チャイルドとスポンサーをつなぐのが、3つの地方事務所の計35名のファシリテーターです。

プラン・スポンサーシップ支援で、支援者とチャイルドを結ぶのがお手紙です。チャイルドたちが楽しみにしているそのお手紙を届けるのも、ファシリテーターの仕事です。ハイチの農村は、まとまった集落を形成していないところが多く、一軒一軒が散在しているため、各家を訪問するのに時間を要します。しかも、道路状況が悪く、川や悪路を通らないと辿り着けないコミュニティもたくさんあります。このような地域へ、ファシリテーターたちは「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」毎日バイクや徒歩で通っています。一方、町の中心に近いけれども治安の悪い地域へは、スタッフの安全を考慮してバイクではなく、車で移動することにしています。限られた車両をやりくりしての移動です。

こうした状況のなか一人当たり約1000人のチャイルドを担当し、年に4~5回通信物の配布と回収をこなします。また、コミュニティの人々にプランの理念である「子どもの権利の推進と子どもの保護」や「子どもを中心とした地域開発」について、分かりやすく説明する重要な役割を担っています。災害緊急時等には必要な物資の支給もします。私が担当しているプロジェクトの実施にも、コミュニティに一番近く地域のことを知り尽くしている彼らから助言をもらっています。皆さまからいただいた寄付金を、チャイルドとチャイルドが住むコミュニティにより多く還元できるよう、ファシリテーターたちは日々、東奔西走しているのです。

写真:スポンサーからの通信物を受け取るチャイルド

スポンサーからの通信物を受け取るチャイルド

写真:子どもの権利について伝えるファシリテーター

子どもの権利について伝えるファシリテーター

活動悲喜こもごも

ファシリテーターにとって一番うれしいことは、「ありがとう」という感謝の一言。最初はなかなかプランの活動に理解を示してくれなかった人たちが、何度も繰り返し話していくうちに協力的になってくれたとき、とてもやりがいを感じるそうです。一方、「手紙が来ない」という不満の声は、実はスポンサーからだけではなく、チャイルドとその家族からも受けます。これは、ファシリテーターを少人数にし、運営費を抑えて活動している影響もあり、長年コミュニティで活動するプランにとって、とても頭の痛い課題です。震災後6年を経過した今、海外からの対ハイチ支援は減少し、多くのNGOが撤退しました。しかし、支援が必要ないほど復興したかと言うと、まだまだそのレベルには達していません。

「たまたまハイチに生まれたという理由だけで、我々日本人が当たり前に享受できる権利が満たされない子どもたちがいる」。これは、まぎれもない事実です。同じ人間として放っておくわけにはいきません。コミュニティが支援から卒業できる環境作りに貢献できるよう、プランは支援国・活動国一丸となって努力しています。このような活動を継続して世界のひずみを直していくには、皆さまの温かいご理解・ご協力なしではできないのです。

【ご参考】

ページトップ
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン 〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル10F&11F TEL:03-5481-0030 アクセス