本文へ移動

寄付をする

プラン・ユースグループ

プラン・インターナショナルは常にユースとともに活動しています

プラン・インターナショナルは、子どもやユースが可能性を最大限に発揮でき、誰も取り残されることのない世界を目指して活動しています。
これまでも「子どもとともに進める地域開発」を通じて、地域の担い手となる子どもたちやユースが活動に積極的に参加し、コミュニティに変化をもたらしてきました。
プランは子どもたちやユース、地域の人々、そしてさまざまな関係者との架け橋となり、当事者である子どもやユースが主体的に問題解決に関わることを大切にしていきます。

日本での取り組み

写真:プラン・ユースグループ

「プラン・ユースグループ」には高校生から社会人のメンバーが所属し、年間を通して活動を続けています。日本国内の同世代に関する課題を発信し、共感の輪を広げたり、組織の意思決定プロセスに参加することで、ユース・エンゲージメントを促進し、ユースの声が反映される社会の実現を目指します。

アドボカシー活動・啓発活動

プラン・インターナショナルとともに社会問題の解決をはかるユースの問題について国内の同世代に伝えて、ともに考え社会に発信する

アドボカシー活動・啓発活動の
詳細を見る

アドバイザリー活動

プラン・インターナショナルの活動及び意思決定のプロセスにプラン・ユースグループの考えや意見を届ける

アドバイザリー活動の
詳細を見る

写真:プラン・ユースグループ

プラン・ユースグループの活動方針

ユースが抱える課題を、プラン・ユースグループのアドボカシー活動・啓発活動、アドバイザリー活動を通じて解決することを目指す。

プラン・ユースグループの記事

プラン・ユースグループの記事をもっと読む

プラン・ユースグループ活動報告書

メンバーの声

  • 村田さん(アドバイザリー担当)


    大学で学んでいる国際協力に関する知識をもっと深めたい、何らかの形で国際協力に携わりたいという想いのもと、プラン・ユースグループに入りました。ここでは、ジェンダーや国際協力への関心を軸として、さまざまな関心・経験を持ち合わせたメンバーに出会いました。昨年度に引き続き、今年度も統括としてメンバーの豊かな個性が活かされ、みんなが十分に情熱を行動に移せるような環境づくりに励みたいです。また、ユースグループのアドバイザリーチーム・アドボカシーチーム、プラン事務局間の連携を一層強化し、ユースの声をプランにも、社会にも届けられるように活動していきます。
  • 逸見さん(アドボカシー担当)


    プランのイベントに参加したことをきっかけに、ユースグループを知り、ワークショップに参加、メンバーに応募しました。今年で活動は3年目で、これまでずっとイベントの企画運営に携わってきました。イベントでは毎回講師や参加者の方からたくさんの学びをいただいています。また昨年度からは、ユースグループのアドボカシーチーム統括を担当しています。チーム全体のことを考え、明るい雰囲気を作っていけるように今年も頑張ります。
    今これを読んでいただいているみなさんにも、ぜひ私たちの活動に賛同し、学びや気づきを行動に移し、仲間になっていただけたら嬉しいです!まずはイベントへのご参加お待ちしています!
  • 浅野さん(アドボカシー担当)


    模擬国連という活動を通して、ジェンダー問題に興味を持つようになり、ユースグループに参加しました。模擬国連は、国連を真似て社会問題について議論する活動で、リサーチを重ね、建設的な議論をします。しかしながら、あくまで大会であり、政府や関係機関に提出はしません。問題に対してコミットできていないモヤモヤを解消するべくプラン・ユースグループに入りました。昨年は政策提言やイベントを通して、自分の学びに繋げていきました。今年は「リーダーだから」と気を張らずに、メンバー全員がユースグループの活動を通して、何か一つでも学び得られるようにしていきたいと思います。
  • 鬼頭さん(アドバイザリー担当)


    高校生のころ、ネパールにボランティア留学をしたことをきっかけに途上国の女子教育や早すぎる妊娠・出産の問題に興味を持ちました。ネパールへの国際協力活動を独自で行う中で、国際NGOの運営方法を実践的に学びたいと思い、プラン・ユースグループのアドバイザリーチームに参加しました。ユースの声を国際NGOの運営や活動に直接伝え、活かすことできることが大きなやりがいを感じます。
    今年度は、アドバイジング活動の強化と多方面との関係性の構築を目標に掲げています。興味・関心分野が異なるメンバー6名の創造力を活かし、積極的な活動を行いたいです。

新規メンバー募集

新規メンバーの募集がある際は、採用情報に掲載します

世界での取り組み

プラン・インターナショナルは80か国以上で活動しています。日本以外の各国でもユース・エンゲージメントを進めており、ユースが主体的にジェンダー平等を促進する活動に取り組むための心構えやコツなどを通じて、ユースの参加を促進しています。

ユースの活動を促進するためのアイデアをまとめたサイト

トップへ