本文へ移動

寄付をする

【主催者募集】映画『1日1ドルで生活』自主上映会~国際ガールズ・デー2019~

  • 国際ガールズ・デー
  • 終了

(2019年06月21日更新)

></p>
<!-- /一覧表示用 -->
<h2>国際ガールズ・デー2019:自主上映会開催にご協力くださる方を募集</h2>

<div class=

プラン・インターナショナルは、国際ガールズ・デー(10月11日)のある10月の一カ月間を、より多くの人たちに世界の子どもや女の子たちが直面している課題について、「知って」「関心を持って」「行動を起こす」機会にしたいと考えています。

2019年は、グアテマラを舞台に撮影されたドキュメンタリー映画『1日1ドルで生活』の全国100カ所における映画上映会の開催を目指します。国際ガールズ・デーを通じて、女の子たちを支援するプランの取り組みを知っていただくために、学校や職場、地域の仲間とともに映画上映会を企画、開催してみませんか。

写真:参加者の皆さま
2018年の上映会の様子

イベント概要

キャンペーン

国際ガールズ・デー:映画『1日1ドルで生活』全国100カ所上映キャンペーン

募集

上映会を開催してくださる、学校、団体、企業、個人の方を募集します。

募集期間

2019年6月21日~2019年10月末日

上映実施期間

2019年10月1日(月)~31日(水)

上映会場では、映画『1日1ドルで生活』の全国上映キャンペーンを主催するユナイテッドピープル株式会社の協力のもと、プラン提供のポスターやフライヤーを配布。映画上映前には、プランや国際ガールズ・デーについての動画も放映いただきます。
この機会に、ぜひ映画上映会の開催についてご検討ください。

協賛くださる企業/団体を募集

あわせて上映会開催に協賛くださる企業/団体を募集します。

【企業/団体による参加】 『1日1ドルで生活』の映画上映にかかる映料金を、企業/団体に協賛いただくことで、上映会主催者の負担が軽減され、より多くの上映会開催を実現できます。(上映回数5回 協賛金25万円、10回 50万円、20回100万円*上映料金の20%(5回上映分なら5万円)が、配給会社であるユナイテッドピープルより、プラン・インターナショナルへ寄付されます)。

映画『1日1ドルで生活』について(ユナイテッドピープル配給)

若者4人の友達がグアテマラの田舎へ約2ヶ月間の旅に出る。1日に使えるお金はたった1ドル。ビデオカメラを手にして、空腹、寄生虫、生活難による極度のストレスに耐えながら、なんとか生き残ろうとする。

通常のアメリカの若者にとって、この直面する現実は想像を絶することだが、実際に世界では11億人が貧困で苦悩しているのだ。仲間たちは、そう簡単に解決策が見つかるわけがないと理解するが、寛容で忍耐強い20才の女性ローサと12才の少年チコが、くじけない希望を与える…少しでも世界を変えていく効果的な方法があるんだと。

写真:映画『ソニータ』

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
出演:アンソニー・ソラリス、ローサ・ソラリス、ローサ・コーフ・ボセル 他
撮影国:グアテマラ
配給:ユナイテッドピープル
原題:Living on One Dollar
2013年/アメリカ/56分

お問い合わせ

お問い合わせ・申込先

ユナイテッドピープル株式会社

トップへ