本文へ移動

寄付をする

実務者向けオンライン勉強会を開催~ジェンダー平等達成に向けて~

  • 終了

(2021年04月23日更新)

写真:ジェンダー・トランスフォーマティブ・プログラム・ガイドブック

プラン・インターナショナルは、2021年4月14日に、主に国際協力の実務に携わる方々を対象とした「ジェンダー・トランスフォーマティブ・プログラム」オンライン勉強会を開催しました。当日は、NGOや政府機関、コンサルタントの方々など、約70名にご参加いただきました。
今回のオンライン勉強会は、プランが作成した「ジェンダー・トランスフォーマティブ・プログラム・ガイドブック」の発刊を記念して開催したものです。

ジェンダー平等への歩みを加速させるために

プランはジェンダー平等達成に向け、「ジェンダー・トランスフォーマティブ(変革的な)・アプローチ」をプログラムづくりに取り入れています。このアプローチでは、女の子・女性のエンパワーメントだけでなく、ジェンダー不平等とその根本原因となるジェンダー規範※1や社会制度を変えるため、「男の子・男性のエンゲージメント※2」にも重点を置いています。今回作成したガイドブックには、ジェンダー・トランスフォーマティブ・アプローチの概念や、実践するためのツール、プロジェクトの実践例が具体的に掲載されています。

社会の変革を目指したプログラムづくり

勉強会では、ガイドブック作成の目的や概要について説明した後、ラオスで実施した「学校でのジェンダー平等促進」プロジェクトを紹介。先生や生徒、保護者へのジェンダーに関するトレーニングや、生徒主導で取り組んだ子どもクラブの活動を例に、変化を促すアプローチについて説明しました。女の子の学級委員長が増え、先生や生徒のジェンダー平等への意識にも改善がみられるなど、学校でのジェンダー平等促進において目に見える成果があったことを報告しました。

写真:女の子の自信を高める子どもクラブの活動
女の子の自信を高める子どもクラブの活動
写真:男の子の積極的な参加を促進
男の子の積極的な参加を促進

続いて、プランのカナダ事務所からプログラム担当スタッフが登壇し、ナイジェリアなど5カ国で実施している「女性と子どものための保健プログラム」について紹介しました。プログラムの一環として取り組んでいる、「父親クラブ」の結成とサポートについて説明。男性にも主体的に子育てに関わるよう働きかけた結果、母親に偏っていた育児や家事を父親も積極的に担うようになり、夫婦間の関係性にも改善がみられたことを報告しました。

写真:娘を定期健診に連れてきた男性
娘を定期健診に連れてきた男性

参加者からは、「今まで女の子だけを対象にした活動をしていたが、男の子や男性へのアプローチについて知ることができた」「実践ツールをもっと学びたい」などの声が寄せられました。

国内外のさまざまな団体や関係者間が経験や知見を持ち寄り、学び合いの機会を持つことは、ジェンダー平等実現にむけた取り組みの強化につながります。今後も活動国でのプロジェクト実施とともに、プランの取り組みを広く発信し、国際協力分野におけるジェンダー平等の推進に貢献してまいります。

写真:オンライン勉強会参加者の皆さまと
オンライン勉強会参加者の皆さまと
トップへ