本文へ移動

寄付をする

世界の子どもたちのために、何かしたいあなたへ。
FUNdraisingサポーター(ファンドレイジングサポーター)になって、ファンドレイジング(寄付金調達)活動をしてみませんか。
活動は、全てボランティア。あなたのアイディアやアクションをお待ちしています。
皆さまの活動によるご寄付は、プランの活動に使わせていただきます。

※活動回数や寄付金額に制約はありません。

写真:世界の子どもたちのために、何かしたいあなたへ。FUNdraising

ファンドレイジングとは

ファンドレイジングとは、寄付を集める行為の事を言います。
団体や個人が周囲に寄付を働きかけたり、何かのチャレンジに対して寄付を募ります。日本国内では、まだ馴染みが薄い活動ですが、欧米ではとても盛んです。海外の活動では、有名人がファンドレイジング・パーティーなど、一晩で数百万円の寄付を集めることもあります。また子どもたちがクッキーを作って周囲の人たちに買ってもらい、非営利団体に寄付することもあります。
多くの人たちが、自分に合った方法で無理せず、楽しみながら(Fun)、調達する(Raise)=FUNdraising(ファンドレイジング)なのです。

友人や家族とのホームパーティの場で、または季節のイベントに合わせて・・・ファンドレイジングの機会は、工夫次第でたくさん見つかります。
お気軽にファンドレイジング活動にご参加ください。

ファンドレイジング活動に参加いただける方は以下のガイドラインをご確認の上、フォームよりお申込みください。

以下のフォームよりお申込みいただいた時点でガイドラインに同意いただいたとみなし、ファンドレイジングサポーター登録とさせていただきます。

「ファンドレイジングサポーター」になると

最新の活動例

写真:出張科学教室で、FUNdraising
出張科学教室で、FUNdraising

海外出張で見た現実をきっかけに、プラン・インターナショナルの活動や世界の現実を知りました。私はプライベートで科学を伝える科学教室やサイエンスショーなどの活動をしているのですが、このような世界の現実や支援活動を伝えるきっかけとして私の活動を活用できそう!と考え、FUNdrasing活動を取り入れました。まだまだ始めたばかりで、どのように伝えればよいものか戸惑いもありますが、一方で、興味を持ってくれる方がいることも事実。その繋がりを作ることができたと実感したときは、なんだか幸せでした。私の科学教育活動を通して、みんなの「科学を知りたい」が世界中の子どもたちの「嬉しい」につながれば嬉しいです!
(サイエンス・モア 田崎智久さん)

写真:駅前で仲間で励まし合ってファンドレイジング
駅前で仲間で励まし合ってファンドレイジング

今回の募金活動は駅前で行い、最初はあまり募金してくれる人がいなくて声掛けやチラシ配りもあまりできませんでした。しかし、生徒同士で励ましあって声掛けを行うことで募金をしてくれる人が増えたり、私たちの活動やバングラデシュに興味を守ってくれたりする人がいました。例えば募金中に支援先であるバングラデシュの方とお会いし、お話を聞くことができました。私たちがその方の母国であるバングラデシュの募金活動をしていると知って、喜ばれていたのが印象的でした。
(カリタス女子中学高等学校アンジェラスの会)

※ご寄付は、バングラデシュ・ネパールで多発する自然災害の脅威から身を守る「学校とコミュニティの防災」プロジェクトに、大切に使わせていただきます。

写真:「女性の身体と心を大切にするオーガニックサロンから遠い国の女の子にエール」

女性の身体と心を大切にするオーガニックサロンから遠い国の女の子にエール

プランの活動を知り、ちょっとした思いつきから、リラクゼーションを提供するサロンでお客様だけでなく世界の女の子の役に立ちたいと思い、企画しました。元々は海に捨てられたゴミだったシーグラスをピアスにし、販売、寄付しました。【可愛いなと思って買ったピアスが、ちょっぴり環境に優しくて、遠い国の女の子の笑顔に繋がっていた】世界の女の子だけでなく、私やピアスを委託販売してくださったお店、お客様など関わる皆が笑顔になれる活動になっていたら嬉しいです。
( relaxationroom dorée )

写真:ハロウィンイベントでFUNdrasing

ハロウィンイベントでFUNdrasing

英語教室を経営しているファンドレイジングサポーター。生徒さんたちは、ハロウィンにまつわる英語を学んだり、ゲームをしたりした後に、お楽しみのパレードに出かけます。近所の公園で素敵な衣装に身を包んだ生徒さんたちと保護者の方々が大集合し、ご協力いただいている商店街のお店を回って、みんな笑顔。実行委員の高学年の生徒さんたちもとても充実した笑顔。「みんながハッピーになれるFUNdrasing活動を今後も続けていきたい」とおっしゃっています。

これまでの参加者※順不同

第一学院高等学校 小島結奈さん、Mains(NPO法人ブラストビート)、東洋学園大学SDGs教育プログラム開発のための特別研究チーム、十文字高等学校・ガールズパワー、エオストレ・トナさん、ミライシニア活躍プロジェクト 手芸部、沖縄「TocoMagico」代表 中石香さん、桜の聖母学院高等学校 インターアクト部、東京女子学園中学校高等学校 英語部、長濱歩美さん、同志社女子大学 国際問題研究会、南山大学 ボランティアサークル Together、Adreamate、西町インターナショナルスクール有志、今林杏奈さん、ワールドクックブック、齋藤実央さん、富士見楽走会、佐瀬ひとみさん、松下純子さん・宮城島梨恵子さん・他一同、清瀬ママサークルひまわり、学習院女子大学 Global People部、本門佛立宗本泉寺、井上葉子さん、宮城和香菜さん、GOD PHENIX、張然さん、NPO法人セネガル交流協会JAPAN、スマイリー・バルーン・プロジェクト、飛田奈緒子さん、白石真由さん、お茶の水女子大学附属高校アフガンボランティア部、金森理紗さん、キーマ早苗リッジウェイさん、qyuさん、埼玉県立不動岡高校SGC、高瀬京子さん、鈴木善道さん、谷本七海さん、西川美奈香さん、仙台白百合学園社会奉仕部小百合会、東進こども英語塾 神楽坂赤城教室、聖心女子大学 学生会役員会、塚越悦子さん、劇団With COR(ウィズコル)、東京都立世田谷総合高等学校、新田節子さん、ヴァンウィーズル和歌子さん、New World International School 三好 理佳さん

トップへ