本文へ移動

寄付をする

(2018年06月05日更新)

2018年6月3日、グアテマラの首都グアテマラ・シティの南西40キロに位置するフエゴ火山が噴火しました。この災害により、死者60人以上、負傷者約50人、避難者約3300人、影響は約170万人に及んでいます。(6月5日現在)
被災地域はプラン・インターナショナルの活動地域外ですが、緊急支援チームが速やかにグアテマラ政府や他団体と連携して、被災状況の調査を実施。避難者へのマットやシート配布などの緊急支援にむけ、準備をすすめています。

グアテマラのチャイルドと交流されているスポンサーの皆さまへ

現在まで、チャイルドと家族の被災報告はありません。チャイルドやその家族に関する詳しい情報が入り次第、該当のスポンサーの方には個別にお知らせします。

ニュースTOP

トップへ