本文へ移動

寄付をする

(2018年06月20日更新)

6月18日に発生した大阪北部地震で被災された皆さまに、謹んでお見舞いを申し上げます。
早期の被害復旧とともに、一日も早く平穏な日々が訪れますことを職員一同お祈り申し上げます。

とくに子どもたちが不安感や恐怖心など、精神的な苦痛を受けているのではないかと心配されます。被災した地域のインフラは復旧にむかう一方で、人々の目に見えない支援ニーズに十分配慮することが求められます。プラン・インターナショナルでは東日本大震災以降、とくに長期的な心のケアの必要性を訴えてきました。

心のケア支援のガイド

プランは、被災者の安全、文化、尊厳を大切にした、誰にでもできる心のケア支援のガイドラインを記した冊子「被災者の心をささえるために-地域で支援活動をする人の心得」を配布しています。

この冊子は、世界保健機関(WHO)が作成した「心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)」の日本語縮刷版として、東日本大震災において子どもたちの心のケア支援のために結成された「ケア宮城」とともに作成したものです。

写真:「被災者の心をささえるために-地域で支援活動をする人の心得」

冊子をご希望の方は下記までお知らせください。

お問い合わせ

広報マーケティング部 広報チーム
TEL:03-5481-0030(平日9:00~17:30)
E-mail:hello@plan-international.jp


ご請求の際には、件名に【PFA】を入れ、以下の項目をお知らせください。
(1) 氏名
(2) 送付先住所と電話番号
(3) SP(スポンサー)番号(お持ちの方のみ)
(4) 希望冊子数

ニュースTOP

トップへ