本文へ移動

寄付をする

(2018年12月27日更新)

インドネシアで2018年12月22日(土)夜(現地時間)に発生した津波により、スマトラ・ジャワ両島の沿岸部で、死者429人、行方不明者154人、負傷者1485人、避難者は1万6082人、家屋損壊882戸にのぼるなど、被害が広がっています。(インドネシア国家防災庁 12月25日発表)

写真:津波で損壊した家

津波で損壊した家

プラン・インターナショナルは、2018年12月24日から26日にかけて、3日間の被災状況の確認とニーズ調査を行いました。現在、災害下の子どもの保護や女の子と女性の衛生に関して、これまでの経験を生かし、現地政府などに専門的アドバイスを行っています。

引き続き、状況を見守りつつ、必要な体制を整えています。

写真:避難している人々に話を聞くプラン職員

避難している人々に話を聞くプラン職員

写真:避難所の様子

避難所の様子

写真:被災した地域を回るプラン職員

被災した地域を回るプラン職員

ニュースTOP

トップへ