本文へ移動

寄付をする

(2019年06月04日更新)

エチオピア北部の農村地域に住むエカバさんは、12歳のとき、倍以上歳の離れた男性との結婚の話があがっているのを知りました。話をすすめていたのは父親です。

「お父さんがこの申し出を受け入れてしまったら、もう学校に通えなくなる」。そう思ったエカバさんは、思いつく人すべてに相談し助けを求め、結婚を取りやめることができました。

プラン・インターナショナルはこの地域で、女の子たちが自分の権利について学び「早すぎる結婚」の阻止に取り組む「女の子の権利擁護推進」プログラムを展開しています。当事者である若者たちが主体となり取り組むこの活動により、この10年で「早すぎる結婚」の割合が20%下がりました。

写真:12歳で結婚を拒否した女の子

「法律を知り、自分の権利を守って」とエカバさんは訴えます。「早すぎる結婚」を防ぐ活動をご覧ください。

12歳で結婚させられる(エチオピア) / プラン・インターナショナル(3分13秒)

写真:プラン・グローバルサポーター


子どもたちが直面している課題に
焦点を当てて取り組む
毎月1000円からの寄付

プラン・グローバルサポーター

寄付をする すでに選択しています


ニュースTOP

トップへ