本文へ移動

寄付をする

(2021年08月20日更新)

アフガニスタンで反政府勢力が首都カブールを占拠し復権を果たした現状に対し、プラン・インターナショナルは、重大な懸念を抱いています。プランは、アフガニスタンでは活動していませんが、子どもの権利が守られ、女の子が差別されない公正な社会の実現を目指す国際NGOとして、すべての人々、特に女の子と女性の人権が尊重され、経済的、社会的、政治的活動に参加する自由を求めます。

子どもや若者、特に、これまで人生の大半を紛争の中で過ごしてきた女の子や若い女性は、暴力のない安全な環境で成長し、教育を受け、有意義な人生を送る権利があります。アフガニスタンで2001年以降に再開されようやく軌道に乗りはじめた過去20年間の女子教育の成果を後退させることなく、女の子や女性たちが性暴力や強制結婚の脅威から守られることが重要です。

プランは、国際社会に対し、アフガニスタンの女の子や女性たちの権利を守るため連帯して行動することを求めます。支援や保護を必要とする人々への人道的アクセスの保証や、安全な移動のための開かれた国境の確保など、国際社会が国際人道法上の義務を果たすよう働きかけます。

ニュースTOP

トップへ