本文へ移動

寄付をする

(2021年11月11日更新)

2020年に世界中を襲った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、子どもたちの教育に大きな影響をもたらしました。多くの学校が休校となり、199カ国で16億人もの教育が中断されたと言われています※1

バングラデシュでも、2020年3月から休校が始まりました。動画に登場する12歳のチャンさんは、南部にあるボルグナ活動地域に住んでいます。中等学校の7年生で学んでいましたが、休校になってからは、プランが地域で実施しているコーチングクラス※2に参加しながら、勉強を続けてきました。

  • ※2 地域の家庭の一角に学習スペースを設け、生徒同士で学び合う代替教育。年上の生徒が年下に教える。

コーチングクラスに参加するチャンさん

コーチングクラスに参加するチャンさん

2021年9月に、1年半の長い休校期間を経て、ようやく学校が再開。「これからも勉強を頑張って、医師になる夢を叶えたいです」と語る、チャンさんの前向きな姿を、ぜひご覧ください。

「勉強を続けて、医師になりたい」チャンさん12歳~コロナ禍の女の子の教育を支援する~(バングラデシュ)/ プラン・インターナショナル(2分5秒)

ニュースTOP

トップへ