本文へ移動

寄付をする

(2023年02月15日更新)

2023年3月5日の東京マラソン2023には、プラン・インターンショナルのメッセージ「世界の女の子に、生きていく力を。教育や自立を支援して早すぎる結婚にNOを!」に賛同してくださった216名のチャリティランナーの方々が出走されます。これまで3回にわたり国内外のチャリティランナーの思いをご紹介してきました。最終回となるNo.4では、プランを支援先団体に選んでくださった海外ランナーの声を、増田明美さんからのメッセージとともにご紹介します。

  • ※一定額以上の寄付を対象の寄付先団体に行い、東京マラソンに出走することで、チャリティ活動の素晴らしさを発信するランナー

写真:TOKYO MARATHON 2023 CHARITY ロゴ

増田明美さんからのメッセージ

写真:(撮影:鬼室黎)

(撮影:鬼室黎)

いよいよ東京マラソンまで2週間を切りました。しっかり練習をしてきた人は楽しみで待ちきれないでしょう。あまり練習できなかった人は、ちょっぴり不安かな?でも気楽に、気楽に。遠足気分で、春が近づく東京の景色を数えながら走ってくださいね。
準備について少しアドバイス。気温の変動が大きいこの時期、雨や寒さ対策にビニールのポンチョを用意しておきましょう。途中から歩くことになりそうな人は、特に役立ちます(沿道には投げ捨てないようにお願いしますね)。
今年も世界を代表する選手が大勢走ります。トップ選手とすれ違うためには、10km地点まで1Kmを8分以内のペースで。そしてプランのピンクTシャツの応援団が3ヶ所にいますので、たくさん元気をもらって、フィニッシュを目指しましょう。
さあ、初めてマラソンを走る人も、3年間この日を待っていた人も、どうぞ、この旅を楽しんでくださいね!

A Message from Akemi Masuda(Sports Journalist, Former Olympian, and Trustee of Plan International Japan)
The Tokyo Marathon is now two weeks away. Those of you who have been training hard must be looking forward to it and can't wait. Those who have not been able to practice much may be a little anxious. But take it easy, take it easy. Please think of it as an adventure and run while enjoying the glorious views of Tokyo as spring approaches!
Here’s a little advice on preparation: During this time of year, when temperatures fluctuate widely, it is a good idea to prepare a plastic poncho to protect yourself from the rain and cold. This is especially helpful if you are likely to walk from the halfway point. (Please do not throw them away along the roadside.)
Many of the world's leading athletes will be running again this year. If you want to see those star runners as they come the other way, pace yourself at within 8 minutes/km until the 10k point. Also, there will be cheering groups of Plan International supporters wearing pink T-shirts at three locations, and I hope their voices of encouragement will give you lots of energy to aim for the finish line.
So, whether you're running your first marathon or have been waiting for this day for three years, please enjoy this journey!

チャリティランナーの声~Messages From Our Charity Runners~

写真:Pinky & Vijay Patel(アメリカ)

Pinky & Vijay Patelさん(アメリカ)
Pinkyさん
私と夫のVijayは、プランのチャリティが私たちの信念により近いと感じ応募しました。私はインド出身の女性として、特に女の子を支援したいと思っています。私は、人生のチャンスを十分に得られない女の子たちを見てきました。友人の一人は、高校生の時に、配偶者をなくした男性との結婚を強いられました。私は当時彼女を助けることはできませんでしたが、今は少なくとも、早すぎる結婚や妊娠を防ぐために活動しているプランに寄付することで女の子に教育の機会を提供することが可能です。私は、すべての女の子が能力を高め教育を受けることで、誰かに決められるのではなく、自分の思い通りの人生を歩めるようになってほしいと願っています。

Vijayさん
インド系の私は、このチャリティがいかに重要であるかを知っています。Run for girls!! 間違いなくそうします。私は若い頃インドで、女の子の早すぎる結婚を見てきました。女の子には選択肢がなく、「ノー」と言えませんでした。私には娘がいますが、娘の結婚相手について心配することなく、娘を育てたいと思っています。結婚式のために貯金するのではなくて、教育にしっかり投資します。大事なのは結婚のための準備ではなく、娘自身のための準備をすることです。私は彼女に自分を愛することと自信を持つことを教え、必要であれば誰かに立ちむかうことを教えます。この世界のすべての女の子たちにそうあってほしい。その思いを胸に走ります。

Pinky & Vijay Patel(USA)
(Pinky)
Both my husband Vijay and I applied for this charity as it is a cause close to our hearts. As a woman of Indian origin, I definitely want to support girls. I have seen girls are not getting many opportunities in their lives. I have seen one of my friends, who was a victim of forced marriage to a widower when she was in high school. I couldn't help her at that time, but I can at least financially support to this charity where they are working to educate girls and prevent early forced marriage and pregnancy. I want all girls to be strong and educated so they can live their lives the way they want to, not the way someone else wishes.

(Vijay)
As an Indian origin, I know how important this charity is. Run for girls!! Definitely, I can run for a life for girls. I have seen early marriage of girls when I was young in India, Girls never had a choice, and they couldn't say NO. I have a daughter and I would make my daughter so capable that I don't have to worry about who will marry her. Instead of saving money for her wedding day, I would spend it well on her education and most importantly, instead of preparing her for her marriage, I would prepare her for herself. I would teach her self-love, self-confidence and that she can throat punch someone if necessary. I would like to do the same for every girl in this entire world. That's why I love to run with this charity.

写真:Karin Muller de Witさん(オランダ)

Karin Muller de Witさん(オランダ)
プランのために東京マラソンを走れることを光栄に思います。
私は60歳の誕生日までに6つのWMMをすべて走りたいと思っていました。でもあと2つを残したところで、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックが発生しました。ウイルスに感染した夫はこの世を去り、私は走る気力をなくしてしまいました。5つ目であるロンドンマラソンに出場することになっていたのですが、私は心ここにあらずで、正に足場を失ってしまったのです。けれどもロンドンにむけてのトレーニングや、早朝にベッドから起き上がり、正しく食事をとり、他のランナーたちと交流することが、喪失感を乗り越える力になりました。また、それによってより強く健康になり、人とのつながりを持てるようになりました。ランニング・コミュニティは素晴らしい人々であふれています。
東京は私にとっての「勝利」となるでしょう。36年間の結婚生活と夫の支え、愛情を思い出すためのものとなりそうです。完走できたこと。健康を維持して正しく何かをすることが、私に「走る」喜びをもたらしていること。ゴールラインを越えたとき、夫がそれを誇りに思ってくれていると感じるでしょう。
夫は、私が女の子のために走っていることをとても誇らしく思っているはずです。 どんな女の子も結婚を強制されてはなりません。すべての女の子には権利があり、何より自立した女性に成長するために教育を受ける権利があります。人形で遊んでいるような年齢の女の子たちが、学校に行くことを否定され母になることを強要される世界は、根本的に間違っています。

Karin Muller de Wit(Netherlands)
Dear all, It’s an honor to run the Tokyo Marathon for Plan International Japan.
I wanted to run all 6 majors before my 60th birthday. With two majors to go, Covid happened. My husband died of Covid, and I lost all spirit for running. Out of the blue, I got in for London, my fifth major, but my heart was not into it. I lost my footing so to speak. It was my training for London, getting out of bed early in the morning, eating right and connecting with other runners that helped me through the months and the loss. It also helped me getting stronger and staying healthy and connected. The running community is full of amazing people.
Tokyo will be a victory for me, it will be about remembering our 36 years of marriage, his support and love and when I cross that finish line, I will remember him, knowing he would be proud of me for finishing, for staying healthy and taking care of myself and doing the thing that brings me joy: running.
He would be so proud I run for Girls. No girl should ever be forced into marriage. Every girl has the right to be a child and more importantly to an education so she can grow up to be a independent woman. There is something fundamentally wrong with a world where girls, who should be playing with dolls are denied a school and are forced into motherhood.

写真:Brooke Rodgerさん(オーストラリア)

Brooke Rodgerさん(オーストラリア)
オーストラリアのメルボルンから参加します。東京マラソンは私にとってWMMの6つ目の、そして最後の目標となります。プランを代表して東京マラソン2023に参加できることをとても幸運に思っています。
私がプランを選んだのは、教育、安全、健康、幸福、また自分の身体に関する基本的な権利などに関して、世界中の女の子や女性が男性と同等の機会を得られるよう心から支援したいと思ったからです。プランがジェンダー平等のために行っている活動について知り、自分の支援の意思を示したいと思いました。私が、教育を受ける権利を当然のものとして享受できる国に生まれたことを考えるとなおさらです。この非常に価値ある目的のためにマラソンを走れることを誇りに思います。

Brooke Rodger(Australia)
I will be travelling from Melbourne, Australia and the Tokyo Marathon will be my 6th and final star in the Abbott World Marathon Majors. I feel very fortunate to be able to run the 2023 Tokyo Marathon on behalf of Plan International.
I chose Plan International as I am passionate about supporting girls and women around the world to have exactly the same opportunities as their male counterparts, whether that be education, safety, health and wellbeing, or the basic right to sovereignty over their own body. After reading about the work Plan International does to promote gender equality, I was motivated to show my support - especially given I am privileged to be born into a country where my rights to an education are unquestioned. So, I feel proud to be able to run the marathon on behalf of this very worthy cause.

写真:An Finn Poulsenさん(デンマーク)

Finn Poulsenさん(デンマーク)
「Run4Girls」に参加して東京マラソン2023を走れることがとてもとても嬉しいです。私は走ることが大好きで、妻と2人、どこに行くにもウェアとランニングシューズを持っていきます。プランを支援することで、適切な教育を受ける機会に恵まれない世界中の多くの女の子たちに希望を届けたいと思います。私は6人の孫に恵まれた幸せ者ですが、世界中の子どもたちが、私の孫と同じような機会を得られるようになることを望んでいます。

Finn Poulsen(Denmark)
It is with the greatest pleasure I run the Tokyo 2023 Marathon for Run4girls. I love running, and everywhere I go with my wife, we bring our jersey and running shoes. I hope that my support to your organization will give hope to the many girls around the world, who have little opportunity to get a proper education. I am the happy grandfather of 6 children, and I would love to see that children all over the world get the same opportunities as my grandchildren.

写真:Francesca McAuliffeさん(アメリカ)

Francesca McAuliffeさん(アメリカ)
プランのために東京マラソン2023を走ることを光栄に思うとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。教育は可能性の扉を開きます。すべての女の子が質の高い教育を受けられるようになることを願い、すぐにプランを支援先団体として選びました 。教育者として、チームの一員として、東京で自己ベストを達成すべく準備に励みます。東京は私にとって4つ目のWMMとなります。また、2023年4月には、メトロウエストYMCAという団体のために5回目のボストンマラソン完走を果たすべくトレーニングをしています。私は、1人の1型糖尿病をもつアスリートとして、教師、そして副校長として、学びたいという夢やマラソンを走りたいという夢を持っている女の子たちを応援したいと思っています。Run for girls!

Francesca McAuliffe(USA)
I am honored and appreciative to have been selected to run the 2023 Tokyo Marathon for Plan International. Ensuring that each and every girl has access to quality instruction, as learning opens all the doors of possibility, made selecting this charity easy. As a career educator I strive to make my team proud and prepare to reach a marathon personal best in Tokyo. Tokyo will be my 4th WMM. I am also training to complete my 5th in Boston in April of 2023 for the Metro West YMCA. As a Type One Diabetic athlete, teacher, and assistant principal, I hope to inspire other girls to pursue both their educational and marathon running dreams. Run for girls!

写真:Joanna Patterson さん(アメリカ)

Joanna Patterson さん(アメリカ)
私が支援先としてプランを選んだのは、女の子と女性を支援し、機会を提供することが、ジェンダーに関係なくあらゆる人にとって最善の利益になると信じているからです。私は学びへのアクセスが得られたことで大きな恩恵を受けましたし、教育を受けることは誰にも否定されることのない権利であると信じています。この素晴らしい団体を支援するために東京マラソンを走ることができてとても嬉しく思います!

Joanna Patterson(USA)
I've chosen to support Plan International Japan because I believe that supporting and providing opportunities for girls and women is in the best interest of everyone, regardless of gender. I've benefited immensely from access to education, and believe that education is a right that no one should be denied. I'm so excited to run the Tokyo Marathon to support this wonderful organization!

写真:Milton Lerma さん(メキシコ)

Milton Lerma さん(メキシコ)
プランのために走ることができて大変光栄です。私は、女の子たちが自分の意思に反した結婚を強いられることなく、よりよい教育や人生の機会を得られるようにしたいと考えているからです。残念ながら、私の母国メキシコでは、この問題が今もなお存在しています。しかし何より、私自身がこの素晴らしい取り組みに協力できることに大きな責任を感じています。私には3人の女性(妻と2人の娘)の家族がいますが、家族のためにも世界がもっとよくなることを望んでいるからです。もちろん、プランの素晴らしい活動を「#run4girls」とともに、私のSNSでもできる限り広めていくつもりです。このような機会をいただき、ありがとうございました。

Milton Lerma (Mexico)
Being able to run for Plan International Japan is a great honor for me, as I want to help girls not be forced to marry against their will, have access to better education and better opportunities in life. Unfortunately, these problems still exist today in my country, Mexico. But above all, I especially feel a great commitment to be able to help in this great effort, since I identify very much with Plain International because my family is made up of 3 women (my wife and my 2 daughters) and I want a better world for them, so I'll do everything I can to get it! And of course, I will also try to spread the great work of Plan International Japan with #run4girls on my social networks as much as possible. Thank you for this opportunity!

写真:Sunil Chainaniさん (インド)

Sunil Chainaniさん (インド)
インドでは、残念ながら女の子が男の子と同等に扱われないことが多く、それが労働人口に占める女性の割合の低さなど、いくつかの問題につながっています。私が東京マラソンでプランの活動を支援して走るのは、このような状況を改善する必要があると思ったからです。 女の子が適切な教育を受けられることは複数の社会問題の解決につながります。この問題に特に取り組んでいる地域は、広大なインドのなかでも発展著しい地域の一つになっています。
私は20年近くランニングを続けており、東京マラソンは6大メジャーマラソン完走への挑戦となります。6大メジャー、コムラッズ・ウルトラマラソン、メドック・ワイン・マラソン、エベレスト・ベースキャンプ・マラソンなど、私の目下の「生涯で走っておきたいマラソンリスト」の一つを達成できることになり非常に興奮しています。この素晴らしいレースで、世界中のランナーに会えるのを楽しみにしています。

Sunil Chainani (India)
In India, unfortunately, the girl child is often not treated on par with the boy child, and this leads to several problems, including a low percentage of women in the country's workforce. This needs to be corrected, and this is the reason why I will be running to support the good work of Plan International at the Tokyo Marathon. Giving girls a proper education will help solve several problems in society - parts of India that have focused on this issue are some of the most progressive regions in our vast country.
I have been running for almost 20 years and the Tokyo Marathon will help me complete the 6 majors challenge. I am very excited as it will help me complete my current 'bucket list' of marathons which includes the 6 majors, Comrades Ultra Marathon, Medoc Wine Marathon, and the Everest Base Camp Marathon. I look forward to meeting runners from across the world at this great race.

写真:Nydia Bouさん(アメリカ)

Nydia Bouさん(アメリカ)
私には世界を変えることはできないかもしれません。でも、走ることで誰か1人の女の子の人生を変えることができるのなら、私は絶対に走り続けるつもりです。26.2(42.195Km)というのは私にとってはただの数字ですが、ある女の子たちにとっては人生を永遠に変える数字になるかもしれません。その子たちのために、私はこの数字を走っているのです。

Nydia Bou(USA)
I might not be able to change the world, but if I can change one girl’s life through running, I will definitely will. 26.2 is a number for me; for some girls this is the number that will change their life forever. I’m running that number for them.

東京マラソン財団チャリティRUN with HEART 公式ウェブサイト https://www.runwithheart.jp/

ニュースTOP

トップへ