本文へ移動

寄付をする

(2023年12月08日更新)

2023年12月3日、プラン・インターナショナルの評議員を務めるスポーツジャーナリストの増田明美さんの出身地・千葉県いすみ市で、「いすみ健康マラソン(増田明美杯)」が開催されました。プランからも、プラン・ランニング部の部員20名が参加。当日の様子をご紹介します。

集まって走る楽しさ、一緒に応援する楽しさ

プラン・ランニング部は「走ることで、世界の女の子が貧困や差別に負けず前向きに生きるサポートをしよう!」という共通の思いをもって、プランの活動を広めています。この日は、 プラン・ランニング部の部員たちが、5km、10km、ハーフマラソン、ウォーキングの部に参加しました。地元いすみ市の皆さんと増田さんの温かいおもてなしに迎えられ、少し風は強かったものの抜けるような青空の下、各々が気持ちよく走り、応援することができました。

写真:増田明美さんとご一緒に

増田明美さんとご一緒に

増田さんの「いすみを走るコツは1つ。田んぼに落ちず、楽しむこと!」とのお言葉に、レース参加者のスタート前の緊張もほぐれます。今年も女子ハーフマラソンの部で3位入賞者が出たほか、去年より記録を伸ばした人が続出しました。各自のレースの前後には仲間の応援に回り、沿道の名物「かかし応援隊」の前に陣取って、精一杯の声援を送りました。

ハイタッチ

ハイタッチ

思ったよりスピード出ました!

思ったよりスピード出ました!

行ってきまーす

行ってきまーす

毎年参加しています!

毎年参加しています!

笑顔

笑顔

まだまだ元気です

まだまだ元気です

かかしが見守る

かかしが見守る

応援団で記念撮影

応援団で記念撮影

のんびりウォーキングも気持ちいい

のんびりウォーキングも気持ちいい

毎年行われるこの大会は、プラン・ランニング部や支援者の皆さん「走って世界の女の子を応援する!」を合言葉に一つになれる貴重な機会です。
最後は増田さんが電車のなかまでお見送りくださり、素晴らしい一日の締めくくりとなりました。

参加者の声

M.Mさん(ハーフマラソンの部に参加)
在宅勤務になってから何かしなきゃと少しずつ走っていましたが、今回思い切ってハーフに申し込みました。普段は10km程度しか走ったことがなく、大会にも初参加だったのでずいぶん緊張していましたが、ゴール直前で応援団の前に来たとき、笑顔で手を振っている自分にびっくりしました。走り終えてとても嬉しかったです。

Y.Mさん(ハーフマラソンの部に参加)
東京マラソンにプランのチャリティランナーとして毎年参加していますので、ちょうどマラソンシーズンに入ったところで練習にも本腰を入れなければと思い、前哨戦もかねて参加してみました。とても気持ちよく走ることができ、おかげさまで東京マラソンに向けてのモチベーションも上がってきました。

M.Kさん(10㎞の部に参加)
普段大会に出ることはほとんどありませんが、昨年プランの皆さんといすみでご一緒してとても楽しかったので、今年も迷うことなく参加しました。声援を受けて今年も無事完走できました。その後沿道応援に回りましたが、走る人を大きな声で応援するのは一人ではなかなかできない経験なので、1年に1度皆さまと過ごす時間を持てるのはとても嬉しいです。

プラン・ランニング部引き続き募集中

プラン・ランニング部では、各地で活動してくださる部員を募集しています。大会やふだんの練習の様子などを、SNS等で広めてください。ランニング部Twitterへの「いいね」やシェアもぜひお願いします。

プラン・ランニング部へのお問合せ:run4girls@plan-international.jp
プラン・ランニング部Twitter:@PlanRunning

ニュースTOP

トップへ