本文へ移動

寄付をする

テーマ別:女の子のリーダーシップ

「ガールズ・レポート2024」 出版年: 2024年

日本の女の子・ユース女性が家庭、学校、地域社会で感じた違和感や拒否感について、自分の考え・意見を発しようとする際に、何が障壁となるかを、20歳の女性1000人へのアンケート調査、ユース座談会、実践からの論考や専門家へのインタビューから考察したものです。

「(i)NGOと連携したいですか?」  出版年: 2024年

本ガイドは、ユース団体が国際NGOなどと連携し活動するために必要なノウハウを紹介しています。

「未来のために:気候正義と教育に関するユースの声」 出版年: 2023年

本報告書は、30名のユースアクティビストが、気候変動が教育に与える具体的な影響について考察し、その解決にむけた提言をまとめたものです。

「事例研究 気候変動の影響緩和に向けてユースが 担う役割」 出版年: 2023年

本報告書は、インドネシアにおけるユースを主役とした気候変動問題に対応するプログラムを、事例と共に紹介しています。

アジア太平洋地域の女の子たちの気候正義活動とリーダーシップ 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動問題に取り組む女の子とユース女性がどのように活動しているのか、活動に当たっての障壁などを考察、提言をまとめたものです。

「枠から外れたゴール:女の子とともにSDGsを加速させる」 出版年: 2023年

2023年は持続可能な開発目標(SDGs)の達成期限に向けた折り返しの年に当たります。9月にニューヨークで開催されたSDGsの進捗を議論する「SDGサミット」に向けて作成された本レポートは、SDGsの進捗の加速や成功のために、ジェンダー平等の進展を妨げている根深い文化的規範や固定観念、資金不足の問題の解決が必要であることを提起しています。

「自分の人生のエキスパートとして生きる」 出版年: 2023年

ジェンダー平等や女性の健康と権利に関する世界最大の国際会議「Women Deliver2023」に向けて作成された本報告書は、世界中で女の子とユース女性がリーダーシップの役割を担い、自らの主体性を発揮している多くの方法を例証し、彼女たちを支援するための方法を示唆するものです。

「ガールズ・リーダーシップ・レポート2023」

日本の15~24歳の女の子および若年女性のリーダーシップの現状を、データを用いて包括的に論じたレポートです。固定化されたジェンダー・ステレオタイプが、女の子への期待の低さや、進路選択の制約につながり、彼女たちの将来にも大きな影響を及ぼしていると分析。女の子や若年女性が「政治・経済・地域社会」でリーダーとして活躍していくための提言をまとめました。

「ガーナにおける女性の声とリーダーシップ」 出版年: 2022年

本報告書は、「女性の声とリーダーシップ」プログラムがガーナの女性にどんな影響を与えたかを示したものです。

「アジア太平洋ガールズレポート2022 未来に向けた女の子たちの挑戦」 出版年: 2022年

アジア19カ国と太平洋諸島14カ国・地域の女の子とユース女性が、リーダーシップを開発し発揮する機会を測定したものをまとめた報告書。気候変動対策を含めた7つの分野から各国の状況を評価しています。

「女の子の権利と地球規模の飢餓危機」 出版年: 2022年

根強いジェンダー不平等に飢餓危機が重なると、多くの場合、女の子と女性に偏った影響が及びます。本報告書では人権、特に女の子の権利と飢餓の交わりとつながりに焦点を置いて、人権に基づくアプローチの力とその意味について説明しています。

「未来への架け橋:アセアンのユース雇用」 出版年: 2022年

本報告書は、特に女性や障害者の雇用に力を入れた、アセアンのユース雇用プログラム”BTF”に参加したユースのエピソードを集めたものです。

世界ガールズ・レポート2022「今こそ平等な力を:女の子と若い女性の政治参加」

2022年のテーマは、「女の子と若い女性の政治参加」。日本を含む29カ国で、15~24歳の若い女性2万9000人を対象に、政治分野への参画状況に焦点を当てたアンケート調査を実施しました。調査では、ユース女性の97%が政治参加の重要性を認識していることが明らかになった一方で、5人に1人が政治への個人的な関与や参加を思いとどまったことがあると回答。女の子や若い女性の政治参画の実現にむけて、4つの道筋を提言しています。

日本における女性のリーダーシップ2022

日本の教育現場における女性のリーダーシップ育成に関する現状、および課題を調査するため、中学校・高校に通う女の子2000人にアンケートを実施。さらに、東京都内の学校(私立の小・中・高)を対象に、生徒のリーダーシップを育てる取り組みについてのアンケートも行いました。分析結果に基づき、専門家の方々に行ったインタビューも掲載しています。

「未来のオンライン」 出版年: 2021年

本報告書は、インドネシアにおけるユースを主役とした気候変動問題に対応するプログラムを、事例と共に紹介しています。

アジア太平洋ガールズレポート2021:声、選択、パワー

南アジアおよび東南アジア19カ国を対象に、ジェンダー平等と女の子や女性のエンパワーメントに焦点を当てて調査を実施。女の子やユース女性がリーダーシップを発揮できているか、そして新型コロナウイルスの影響を分析しています。

気候変動教育とユース・リーダーシップの再考:調査レポート

気候変動の問題に関するユースの意見や経験を知ることを目的に、37カ国の15~24歳のユース約1800人を対象に、「気候変動への懸念」「気候変動に関する教育」「気候変動政策プロセスへの参加」についてのアンケート調査を行いました。

日本における女性のリーダーシップ2021

日本における「リーダーシップの受け止められ方」や「女性のリーダーシップ発揮を阻む要因」を明らかにするために調査を実施。男女2000人を対象にアンケートやインタビューを行いました。

「プログラムされている:スカンジナビアのデジタル分野におけるジェンダー格差」 出版年: 2020年

本報告書では、スカンジナビアにおける技術分野でのジェンダー格差解消のための方法を模索しています。

『リーダーになる~女の子と若い女性が考えるリーダー像の意識調査~』(2019年)

世界19カ国で約1万人の女の子と若い女性を対象に、リーダー像に対する意識調査を実施しました。

UNLOCK THE POWER OF GIRLS NOW
「女の子の力を解き放て!」(2017年)

2017年は「女の子の力を解き放て!」と題し、コロンビア、ウガンダ、スペインの若者へのインタビューに基づき、浮かび上がった課題について証言をまとめています。

トップへ