本文へ移動

寄付をする

シエラレオネはアフリカの西海岸に位置する小さな国で、ギニア、リベリアと国境を接し、鉱物、海洋資源、農業資源が豊富な国です。約12年にわたる内戦により社会・経済基盤が破壊され、2002年の内戦終結以降、海外からの支援を受け国の再建をすすめてきましたが、2014年5月のエボラ出血熱の感染拡大によって、前例のない甚大な被害を受けました。流行収束後も、あらゆる分野においてその爪痕が残っており、人々は深刻な貧困のなかで生活しています。

基本データ

首都
フリータウン
面積
7万1740km2(日本の約5分の1)
人口
約765万人(2018年 世界銀行)
言語
英語(公用語)、クリオ語、メンデ語、テムネ語他
宗教
イスラム教60%、キリスト教10%、アニミズム信仰30%

※ 出典:外務省ウェブサイト

シエラレオネが抱える問題

  • 子ども、特に女の子と若い女性たちの、質の高いインクルーシブ教育(障害の有無や貧富の差、都市や農村といった居住区による区別のないこと)を受ける機会が限られていること。
  • 子ども、特に女の子と若い女性たちの、意思決定やリーダーに就く機会が限られていること。
  • 危険な伝統的慣習や社会規範、脆弱な保護体制の影響で、女の子や若い女性があらゆる形態の暴力や虐待を受けていること。

プラン・インターナショナルの取り組み

  • 1.子どもたちへの教育支援

    女の子、弱い立場に置かれた子ども、若者たちにインクルーシブで安全な小・中学校教育を受ける機会を提供し、修了できるよう支援します。

  • 2.リーダーシップを発揮する機会の創出

    意思決定の場に参加する若い女性・男性を増やし、コミュニティ内でリーダーシップを発揮できるように能力を強化します。

  • 3.政府への働きかけ

    法律や政策の側面から女性の社会的地位を向上させ、権利の行使につながる子どもの保護体制を強化し、子ども、特に女の子を女性性器切除(FGM)や強制された早すぎる結婚から守ります。

シエラレオネでの活動

シエラレオネでの活動一覧

プラン・インターナショナルのデータ

プラン・スポンサーシップを通じて、チャイルドと交流できます。

活動開始年
1976年
チャイルド数
19000人
日本のスポンサーを持つチャイルド数
152人
現地事務所
統括事務所:フリータウン
# 1027 ポートロコ
# 1040 モヤンバ

※2021年6月現在

活動国

活動国 TOP

トップへ