ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【経過報告】「女の子が安心できる学校づくり」プロジェクト~グアテマラ~

ガールズ・プロジェクト

グアテマラ

(2020/10/26更新)

プラン・インターナショナルは、2017年12月から、「女の子が安心できる学校づくり」プロジェクト(グアテマラ)を実施しています。現在までの活動の進捗をご報告します。

背景

アルタ・ベラパス県はグアテマラでもっとも貧しい県のひとつで、先住民族のケチ族が人口の80%以上を占めています。中南米の国々に見られる男性優位の伝統的な考え方「マチスモ」が根強く、「女の子だから」との理由で学校に行くことを断念するなど、男の子に比べてあらゆる場面で権利や機会を奪われています。

写真:「女の子が安心できる学校づくり」プロジェクト(グアテマラ)

活動のハイライト

保護者の働きかけで開校した中学校の開校式 / ©プラン・インターナショナル

保護者の働きかけで開校した中学校の開校式 / ©プラン・インターナショナル

中学校の開校を報道する現地の新聞 / ©プラン・インターナショナル

中学校の開校を報道する現地の新聞 / ©プラン・インターナショナル

ジェンダー平等を考えるコミュニティ代表者の会合 / ©プラン・インターナショナル

ジェンダー平等を考えるコミュニティ代表者の会合 / ©プラン・インターナショナル

通学していない子どもの家を訪問するジェンダー平等推進員 / ©プラン・インターナショナル

通学していない子どもの家を訪問するジェンダー平等推進員 / ©プラン・インターナショナル

プロジェクトで作成したジェンダー平等の啓発冊子 / ©プラン・インターナショナル

プロジェクトで作成したジェンダー平等の啓発冊子 / ©プラン・インターナショナル

建設中の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

建設中の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

完成した別の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

完成した別の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でも子どもの学習継続を促進する啓発ポスター / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でも子どもの学習継続を促進する啓発ポスター / ©プラン・インターナショナル

保護者の働きかけで開校した中学校の開校式 / ©プラン・インターナショナル

中学校の開校を報道する現地の新聞 / ©プラン・インターナショナル

ジェンダー平等を考えるコミュニティ代表者の会合 / ©プラン・インターナショナル

通学していない子どもの家を訪問するジェンダー平等推進員 / ©プラン・インターナショナル

プロジェクトで作成したジェンダー平等の啓発冊子/ ©プラン・インターナショナル

建設中の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

完成した別の小学校の衛生施設 / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でも子どもの学習継続を促進する啓発ポスター / ©プラン・インターナショナル

活動内容

プロジェクトの最終年の今期は、新型コロナウイルスの感染拡大により、計画していた活動の多くを見直し、衛生キット配布や感染予防の啓発、家庭学習の支援活動なども行いました。その一方で、子どもたち、保護者、コミュニティ住民、教師、行政の間でジェンダー平等の意識に変化が起き、コミュニティや学校での自主的な活動が始まるなど、プロジェクトの成果がでてきています。2020年2月には、活動地域の1コミュニティに現地行政が新しい中学校を開校しました。ジェンダー平等を考える集会に参加した保護者たちの働きかけによるものです。このコミュニティは中学校が遠く、数年前に通学路で女の子に対する暴行事件が発生してから、女の子の中学校進学者はほとんどいませんでした。コミュニティに中学校ができたことで、今後より多くの女の子が進学することが期待できます。

おもな活動の成果

地域 バハ・ベラパス活動地域 アルタ・ベラパス県
期間 3年(2017年12月~2020年11月)
2020年度
おもな支援内容と対象

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防の啓発活動

  • 衛生キットの配布(小学校10校、プロジェクト対象者約1000人)
  • ラジオを使った感染予防の呼び掛け(リスナー人口:約50万人)

ジェンダー平等促進のための能力強化トレーニング

  • 子ども向け:ジェンダー平等に関する自習教材の作成・配布(10コミュニティ、10~16歳の子ども約1200人)

ジェンダー平等促進のための啓発活動

  • ジェンダー平等促進員による、学校に行っていない子どもの家庭訪問(約40軒)
  • ジェンダー平等について考える、コミュニティ代表者向け会合実施(1回)
  • ジェンダー平等の啓発冊子の作成
  • ジェンダー平等、特に就学の機会平等についての啓発ポスターの作成と配布(2市130の全コミュニティへ2000枚)

プロジェクト対象小学校での衛生施設の建設(3校、5棟)

現地の声

ヘルベルさん、35歳、プロジェクト対象小学校の教師
「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて学校は休校が続き、子どもたちは登校せずに今年の学年を終えることになります。私たちの学校では、国語と算数の自習用教材とともに、プランと共同で作成したジェンダー平等の自習教材を各家庭に配布しました。とてもよい取り組みだと思っています。私は子どもたちの家を訪問し、自習教材で子どもたちが学んでいるのを見ました。教材は家族で簡単なゲームをしたり、『平等』をテーマに保護者と話をしたり、絵や作文を書いてみたりと、さまざまな課題を楽しみながら学べるように工夫されています。家でひとりで学ぶのは簡単ではありませんが、少しでも子どもたちの学習の理解がすすむように、私たちもできることをしたいと思います」

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト