ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【経過報告】「暴力のない中学校づくり」プロジェクト~ジンバブエ~

グローバル・プロジェクト

ジンバブエ

(2020/10/27更新)

プラン・インターナショナルは、2018年4月からUNICEFとの協力のもと、2019年2月からは外務省(NGO連携資金協力)とも協力して、「暴力のない中学校づくり」プロジェクト(ジンバブエ)を実施しています。現在までの活動の進捗をご報告します。

背景

ジンバブエでは依然として、学校や家庭で体罰がしつけの一環として用いられています。対象の学校では82%の教師が体罰を行っており、家庭でも78%の保護者が体罰を容認しています※1。また、中学校校舎の不足から、定員数を大幅に超える生徒が狭い教室や野外で学んでおり、子どもたちにとって安心安全な学習環境ではありません。さらに、女の子を軽視する社会規範がいまだ根強く、性暴力や早すぎる結婚・妊娠といった問題も抱えています。

写真:「暴力のない中学校づくり」プロジェクト(ジンバブエ)

  • ※1 出典:「ジンバブエ・エプワース地区およびクエクエ郡における学校内体罰に関するベースライン調査結果」;プラン・インターナショナル

寄付手続きに進む
グローバル・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

活動のハイライト

クウェクウェ郡の中学校で建設中の井戸用太陽光発電/ ©プラン・インターナショナル

クウェクウェ郡の中学校で建設中の井戸用太陽光発電/ ©プラン・インターナショナル

子どもの保護クラブへの褒めて伸ばす教育法トレーニング/ ©プラン・インターナショナル

子どもの保護クラブへの褒めて伸ばす教育法トレーニング/ ©プラン・インターナショナル

コミュニティの人々との対話セッションの様子 / ©プラン・インターナショナル

コミュニティの人々との対話セッションの様子 / ©プラン・インターナショナル

体罰防止についてのコミュニティ啓発活動 / ©プラン・インターナショナル

体罰防止についてのコミュニティ啓発活動 / ©プラン・インターナショナル

メッセージTシャツで体罰防止を呼びかける女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

メッセージTシャツで体罰防止を呼びかける女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

感染症拡大予防のため学校に配布した手洗いセット / ©プラン・インターナショナル

感染症拡大予防のため学校に配布した手洗いセット/ ©プラン・インターナショナル

子ども保護クラブの集会に集まった女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

子ども保護クラブの集会に集まった女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

ミーティングを開く子ども保護クラブの男の子たち/ ©プラン・インターナショナル

ミーティングを開く子ども保護クラブの男の子たち/ ©プラン・インターナショナル

クウェクウェ郡の中学校で建設中の井戸用太陽光発電/ ©プラン・インターナショナル

子どもの保護クラブへの褒めて伸ばす教育法トレーニング/ ©プラン・インターナショナル

コミュニティの人々との対話セッションの様子 / ©プラン・インターナショナル

体罰防止についてのコミュニティ啓発活動 / ©プラン・インターナショナル

メッセージTシャツで体罰防止を呼びかける女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

プロジェクトについて意見を述べるコミュニティの人々 / ©プラン・インターナショナル

子ども保護クラブの集会に集まった女の子たち/ ©プラン・インターナショナル

ミーティングを開く子ども保護クラブの男の子たち/ ©プラン・インターナショナル

活動内容

体罰や有害な社会規範をなくすためには、保護者をはじめコミュニティの人々の理解が欠かせません。今期は、褒めて伸ばす教育法の普及のため、コミュニティの啓発に力を入れて活動しました。コミュニティ内で活動する「子どもの保護クラブ」の参加者は、トレーニングの一環で子ども時代に受けた厳しい体罰を振り返り、体罰をなくすために何ができるか議論を交わしました。トレーニング後、参加者はほかのコミュニティの人々へ体罰防止や褒めて伸ばす教育法について学んだことを共有しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で子どもに対する暴力は増加傾向にあります※2 。感染症対策支援のための啓発活動や衛生用品の配布と合わせ、今後も教員と同時にコミュニティの人々への働きかけを継続していきます。

おもな活動の成果

地域 クエクエ活動地域、エプワース活動地域、その他6カ所
期間 3年半(2018年4月~2022年1月)
2020年度
おもな支援内容と対象
  • エプワース活動地域に中学校校舎を建設(教室棟4棟8教室、職員室棟、トイレ棟、太陽光式井戸)
  • 褒めて伸ばす教育法の教員用ツールキット開発
  • コミュニティにおける子ども保護委員会へ、体罰の弊害や褒めて伸ばす教育法についてトレーニングを実施(女性71人、男性55人)
  • 体罰の弊害や褒めて伸ばす教育法についてのコミュニティへの啓発メッセージ発信(女性2933人、男性2071人)
  • 新型コロナウイルス感染予防対策および学校再開支援のための衛生用品の配布(10校:消毒液201本、石けん323個、バケツ67個、体温計10本)
  • 子どもの保護クラブの設立(669クラブ)
  • コミュニティへ女の子を軽視する社会規範の弊害についてのトレーニング実施(3万4511人)

現地の声

写真:チャールズさん、コミュニティ啓発活動に参加した男の子

チャールズさん、コミュニティ啓発活動に参加した男の子
「啓発活動では、暴力を受けた際の通報先や、子どもの権利や責任についてなど、いろいろなことを学びました。もし友だちが暴力を受けていたら、黙って見ているようなことはしません。地域や学校の中で、そうした意識を積極的に広めていきたいと思います」

写真:ウィリアムさん、コミュニティ啓発活動に参加した保護者

ウィリアムさん、コミュニティ啓発活動に参加した保護者
「私たちはこれまで子どもたちを叩いてしつけてきました。なぜなら私たち自身もまた叩かれて育ち、子どもの態度を変えるには叩く必要があると教えられてきたからです。しかし啓発活動を通じて、話し合うことで子どもたちの意欲を引き出すことができると学びました。私たち保護者は子どものそばに寄り添い、愛をもって接する必要があるのです」

写真:リハルさん、15歳、難民キャンプに5年居住する女の子

ムヴィンディさん、クウェクウェ郡対象校の教頭
「衛生用品の支援をしていただき、ありがとうございます。新型コロナウイルス感染症の影響で休校していた学校を再開させるために、衛生用品を用意するように教育省の指示がありましたが、私たちの学校には何もなかったのでとても助かりました」

寄付手続きに進む
グローバル・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト