ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【第5報】妊産婦と幼い子どもの命を守る(ケニア)~アフリカ7カ国・食料危機緊急支援~

緊急・復興支援

更新)

アフリカ7カ国・食料危機緊急支援

世界は今、かつてないほど深刻な食料危機に直面しています。その背景には、紛争、気候変動の影響による干ばつ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による経済の低迷、世界的な食料価格の高騰など、さまざまな要因があります。プラン・インターナショナルは、特に飢餓が深刻なアフリカ7カ国(ケニア、エチオピア、ソマリア、南スーダン、マリ、ブルキナファソ、ニジェール)において、緊急支援を実施しています。

干ばつのなか、1日1食で飢えをしのぐ妊産婦や幼い子どもたち

写真:ソフィアさん。保健所にて

ソフィアさん。保健所にて

ケニアでは4期連続で雨期に十分な雨が降らず、長引く干ばつが食料不足を招いています。東部のタナリバー県に住む23歳のソフィアさんは、現在妊娠8カ月。彼女のような妊娠中の女性や幼い子どもを含む多くの人々が、1日1食で飢えをしのいでいる状況です。

ソフィアさんにとって、お腹にいる我が子と同じくらい気がかりなのが、上にいる2人の子どもたちの健康状態です。「学校に行けば給食があることが、せめてもの救いです。家には何も食べるものがないため、学校に行かない日にはお腹を空かせたまま寝るしかありません」と語ります。

栄養不良によって高まる流産や死産のリスク

写真:診療所で順番を待つ大勢の妊産婦たち

診療所で順番を待つ大勢の妊産婦たち

人々の頼みの綱となっているのが地元の保健所です。ここでは栄養不良の治療のほか、栄養補助食品の提供も行っています。しかし、衰弱した状態で保健所にやってくる子どもや妊婦、授乳中の母親の増加に、保健員たちは頭を悩ませています。

写真:母親に栄養補助食品の与え方を説明するオマールさん(右)

母親に栄養補助食品の与え方を説明するオマールさん(右)

栄養士のオマールさんは、現状についてこう語ります。「私は7年前からここで働いていますが、干ばつの影響で、妊娠中や授乳中の母親たちの体重減少が著しく、とても心配です。重度の急性栄養不良で運ばれてくる子どもたちもいます。母親たちの話では、家には食べるものがまったくないそうです。保健所では栄養補助食品を提供していますが、全員分をまかなうには不十分です」。

妊娠中や授乳中の女性たちにとって飢餓は特に危険です。流産や死産のリスクが高まるうえ、生まれた赤ちゃんの低体重や発育阻害のリスクも高まるためです。

保健所に栄養不良の治療食を提供 

写真:保健所に配布した栄養補助食品

保健所に配布した栄養補助食品

プランは緊急支援の一環として、保健所に栄養補助食品や母親むけ粉ミルクなどを提供し、妊産婦と幼い子どもたちの命を守る取り組みを行っています。さらに、食料の入手が困難な家庭には米や食用油、穀類の配布も実施しています。

妊産婦や幼い子どもたちの命を守る活動に、引き続き皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

未曾有の飢餓の危機から、子ども・女の子の命と未来を守るために。
皆さまからのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

寄付手続きに進む画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより
手続きにお進みください。

受付期間:2022年7月5日(火)~2023年1月31日(火)17:00

プランへの寄付金は「寄付金控除」の対象となります。最大約4割が所得税より還付されます。

寄付手続きに進む画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト

メールマガジン

プランの活動や最新情報を
お送りしています。

ご登録はこちら

公式SNS

世界の子どもたちの今を発信中

  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン