本文へ移動

寄付をする

【参加募集】オンライン開催「シオリーヌさんと考える『性教育』~互いを尊重しあえる人間関係を築くには?~国際女性デー2023」(3/8)

  • 国際女性デー
  • オンライン Zoom開催
  • 無料
  • 終了

(2023年02月13日更新)

3月8日は国際女性デーです。女性の権利とジェンダー平等を促進するために制定されたこの日を記念し、女の子や女性たちが自らの体に自己決定権を持ち、互いを尊重しあうために必要な「包括的性教育」について考えるオンライントークイベントを、3月8日の国際女性デー当日に開催します。

シオリーヌさんと考える「包括的性教育」の大切さ

「包括的性教育」とは、身体や生殖の仕組みに留まる「性教育」だけでなく、パートナーとの人間関係や、性の多様性、ジェンダー平等、幸福など幅広いテーマを含む教育のことです。ジェンダー平等にむけた動きが活発化する今、「包括的性教育」を必要とする声が高まっています。
今回のイベントでは、助産師/性教育YouTuberのシオリーヌさんにご登壇いただき、女の子や女性のエンパワーメントにもつながる「包括的性教育」の大切さについて、ご自身の豊富な知見を踏まえてお話しいただきます。聞き手はプラン・ユースグループのメンバーで大学生の逸見さんが務めます。
オンライン開催のため、お住まいの地域にかかわらずご参加いただけます。多くの皆さまのお申し込みをお待ちしています。

写真:シオリーヌさん
シオリーヌさん

イベント概要

イベントタイトル

「シオリーヌさんと考える『性教育』~互いを尊重しあえる人間関係を築くには?~国際女性デー2023」

日時

2023年3月8日(水)20:00~21:30

場所

Zoomウェビナー

定員

最大500人(先着順)

参加費

無料

参加申し込み

締切日:3月8日(水)20:00
お申し込みの受付を終了しました。

申し込み締め切り
2023年3月8日(水)20:00
申し込みの受付を終了しました。

当日のプログラム

  1. 国際女性デーとは
  2. 包括的性教育について、国内外におけるプランのアプローチから読み解く
  3. トークイベント
    「助産師/性教育YouTuberシオリーヌさんと考える 本当に大切な性教育」

    ジェンダー平等にむけた動きが活発化するなか、身体や生殖の仕組みだけでなく、人間関係や性の多様性、ジェンダー平等、幸福など幅広いテーマを含む「包括的性教育」がいかに重要であるかを、シオリーヌさんとプラン・ユースグループのメンバーがともに考えます
  4. プランの活動紹介

登壇者プロフィール

助産師/性教育YouTuberシオリーヌ

シオリーヌ/大貫詩織(おおぬきしおり)さん

助産師/性教育YouTuber、思春期保健相談士。1991年、神奈川県生まれ。総合病院産婦人科にて勤務ののち、精神科児童思春期病棟で若者の心理的ケアを学ぶ。全国の学校や地域のイベントで性に関する講演活動を行い、2019年からYouTubeで「性の話をもっと気軽にオープンに」をテーマに動画投稿を開始

プラン・ユースグループ 逸見さん

プラン・ユースグループ 逸見さん

ユースグループのワークショップに参加したことをきっかけにプラン・ユースグループで活動を開始。イベントの企画運営を担当するなかで多くの発見や学びを得ながら、自分自身将来とも向き合い、アドボカシー統括としてメンバーが活動しやすい環境づくり、さらに多くのユースとこれからの社会について考える機会を作っている

若者の3割が「学校での性教育は不十分」と回答

プラン・ユースグループが2021年に実施した「ユースから見た日本の性教育の実態調査」 では、現在日本の学校で行われている性教育について、約30%のユースが「不十分」であると感じており、人権やジェンダー、人間関係などを含む幅広い内容について体系的に学ぶ「包括的性教育」を求める声が高いことが明らかになりました。
今日、多くの国では、ユネスコ(国連教育科学文化機関 UNESCO)の「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」に沿った教育が行われています。一方、日本ではいまだ十分な性教育が行われているとは言えず、特に「性」の前提となる人間関係や人権、性の多様性などについて学ぶ機会はほとんどありません。

トップへ