本文へ移動

寄付をする

(2017年09月12日更新)

大型ハリケーン「イルマ」プラン活動国の状況

大西洋上で発生した観測史上最大といわれる大型ハリケーン「イルマ」は、2017年9月7日にハイチとドミニカ共和国の北部を通過しました。プラン・インターナショナルは現在、被害状況を確認しながら必要な支援活動を始めています。

ハイチ

ハイチ北部ノースイースト県ではプランの活動地域を含む13コミュニティが被災し、うち4コミュニティが深刻な状況であることがわかりました。現在約6300人が避難所14カ所に避難していますが、衛生状態はよくありません。プランは他のNGOや行政機関と共同でニーズ調査を実施し、これまでに避難所などに以下の物資を支給しました。

  • マットレス:216枚
  • 毛布:140枚
  • 衛生キット:200個
  • タオル:123枚
  • 石鹸:100個

写真:ハイチ

写真:ノースイースト活動地域のフォールリベルテ市での浸水被害

ノースイースト活動地域のフォールリベルテ市での浸水被害

<ハイチのチャイルドと交流されているスポンサーの皆さまへ>

被害の影響により、一部活動が遅れる場合があります。現在のところ、チャイルドやその家族に関する被害は報告されていませんが、連絡が入った場合は、該当のスポンサーの皆さまに個別にお知らせします。
*交流されているチャイルドの住む地域は、「一年のあゆみ」に記載されているチャイルド番号の始めの4桁でご確認いただけます。

ドミニカ共和国

プランは他のNGOや行政機関と共同でニーズ調査を実施し、必要な緊急支援活動を検討中です。

メキシコ地震 プラン活動国からの被害報告なし

現地時間2017年9月7日 23時49分にメキシコのチアパス州沖で、マグニチュード8.1の地震が発生しました。メキシコと国境を接しているグアテマラでも揺れを感じましたが、プランの活動地域から被害の報告はありません。

ニュースTOP

トップへ