本文へ移動

寄付をする

(2017年11月01日更新)

2013年の南スーダンでの紛争から逃れてきた人々が、エチオピアのガンベラにある難民キャンプで暮らしています。キャンプに住む子どもたちは、何年も本に接していません。エチオピアのプラン・インターナショナルは国連高等弁務官事務所(UNHCR)とともに、子どもたちのために定期的な「読み聞かせ会」を開催しています。キャンプに住む子どもたちに本を読む習慣をつけさせて、読む力、聴く力、理解する力の向上を目指しています。また、読み聞かせのボランティア育成も行っています。
物語に目を輝かせる子どもたちの様子をご覧ください。

写真:難民キャンプで読み聞かせ(エチオピア)

難民キャンプで読み聞かせ(エチオピア)/プラン・インターナショナル・ジャパン (2分24秒)

ニュースTOP

トップへ