本文へ移動

寄付をする

(2019年06月19日更新)

コンゴ民主共和国では、20年以上にわたる紛争により、450万人以上が避難を余儀なくされ、近隣諸国へ逃れた人は80万人を超えています※1。隣国のザンビアは約4万2000人の難民を受け入れています。そのうちザンビア北部のケナリ難民キャンプには、コンゴ民主共和国から避難した8000人以上の子どもを含む約1万5000人が暮らしています。家族で逃れてきた人もいれば、子どもだけの場合もあります。

プラン・インターナショナルは他団体と協力して、難民の子どもたちへ心理社会的なサポートと乳幼児保育の機会を提供するための新しいセンターを建設しました。各種遊具も設置され、子どもたちが安心して遊べる「子どもひろば」※2も併設されています。ボランティア教師の育成にも取り組み、難民キャンプに暮らす子どもたち1500人を受け入れるのを目標にしています。

母国を離れ、不自由な難民キャンプで暮らす子どもたちが「子どもひろば」で見せる、はじけるような笑顔をご覧ください。

写真:12歳で結婚を拒否した女の子

難民キャンプの子どもたち(ザンビア) / プラン・インターナショナル(2分00秒)

写真:プラン・スポンサーシップ

女の子の可能性をのばし、豊かな地域をつくる。
女の子の人生にエールを送る。

プラン・スポンサーシップ

毎月3000円、4000円、5000円

寄付をする すでに選択しています


ニュースTOP

トップへ