本文へ移動

寄付をする

【第4報】被災地のニーズを考慮し新たな物資を配布~令和6年能登半島地震緊急支援~

(2024年01月26日更新)

令和6年能登半島地震緊急支援

2024年(令和6年)1月1日に起きた石川県能登半島地方を震源とする地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

写真:支援物資を詰め込んだトラック

プラン・インターナショナルは、厳しい寒さのなか不便な避難生活を強いられている被災地の方々を支援するため、熊本県に拠点を置く特定非営利活動法人バルビーと連携して、緊急支援を実施しています。2回目の物資配布の様子をご報告します。

生鮮野菜などの食料品、スキンケア用品などを配布

写真:輪島市社会福祉協議会

輪島市社会福祉協議会

今回は、輪島市と内灘町の社会福祉協議会、市内の避難所2カ所に以下の物資を提供しました。これらは避難所に避難されている方々や在宅避難されている方々に配布されます。

配布した物資

  • 食品
    生鮮野菜、水、ペットボトルのお茶、レトルト食品、パックご飯
  • 生活用品
    ブルーシート、紙コップ、紙皿、ビニールラップ
  • 衛生用品
    スキンケア用品、ウェットシート

など

プログラム部 山形職員

「避難所での調査で被災者の方々から生野菜を希望される声を聞き、翌日に調理器具を使わずに食べられる野菜を選んでお届けしました。『新鮮な野菜を口にしたのは被災後初めてだった』と話される方々が多くいらっしゃいました。

また、不足していた食品のほか、これまでの経験から需要が高いと判断しスキンケア用品も支給しました。実際、避難所内の乾燥や感染症予防のアルコール消毒による肌荒れに悩んでいる方々が見られ、ハンドクリームや保湿クリームの配布は多くの方々に歓迎していただきました。皆さまからのご寄付により、迅速な支援活動ができることを心から感謝いたします。」

写真:支援物資を搬入

支援物資を搬入

写真:避難所にて

避難所にて

写真提供:特定非営利活動法人バルビー

活動の予定

  • 物資(衛生用品や生活用品など)の配布
  • 認定こども園、児童クラブへの物資支援
  • 子どもひろばの設置運営支援
  • 心のケア(心理的応急処置研修実施、調整など)
  • 学校再開支援

最新の情報は、ウェブサイトやSNSにて順次ご報告していきます。

被災地域にお住まいの支援者の皆さまへ

「毎月の寄付」(継続支援)に関するご相談を受けつけております。ご支援に関しまして、ご相談などございましたら、下記までご一報ください。その他、不明な点やご質問等は、ご遠慮なくお問い合わせください。
皆さまに一日も早く平穏な日々が訪れますことを心よりお祈り申し上げます。

お問い合わせ

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
支援者窓口
E-mail:service@plan-international.jp

活動レポートTOP

トップへ