本文へ移動

寄付をする

「早すぎる結婚の防止」プロジェクト

  • ガールズ・プロジェクト
  • ベトナム

ベトナムでは、特に農村地域における少数民族の間で早すぎる結婚をする割合が高く、ハザン省やライチャウ省に暮らすモン族では、女の子の53.4%が18歳未満で結婚しています。早すぎる結婚をした女の子は、学校を中途退学することが多く、将来収入を得る機会を失うことにもつながります。また、幼い妻は家庭内で地位が低く発言権が与えられないうえ、体が未発達な状態での出産により健康が損なわれるなど、さまざまな問題に直面します。

このプロジェクトでは、女の子や男の子、若者を対象にトレーニングや意識啓発活動、収入向上の支援を行うことにより、早すぎる結婚の弊害に関する理解を深め、女の子が自らの意思で人生の選択ができるようになることを目指します。

※ 出典: General Statistics Office of Viet Nam, Results from Population change and family planning survey as of 1/4/2014

少数民族の女の子

少数民族の女の子

早すぎる結婚の防止について話しあう子どもたち

早すぎる結婚の防止について話しあう子どもたち
ベトナム地図

は支援対象地域
クリックで拡大します
プロジェクト番号
10513
活動の期間
2021年7月~2024年6月
実施地域

ハザン省ホアンスフィ郡、シンマン郡、ライチャウ省フォントー郡

【活動国詳細】ベトナム

活動内容
(支援策)
  • 女の子、男の子を対象にした早すぎる結婚の防止、ジェンダー平等などに関するトレーニング(約1000人)
  • 学校やコミュニティにおける早すぎる結婚の防止に関する意識啓発活動(大人・子ども 約1万3000人)
  • 若者による早すぎる結婚に関するキャンペーンや調査
  • 男女の若者(15~24歳)を対象とした農業・畜産技術トレーニング、起業支援(約3100人)
  • ユースクラブの設立・運営支援
  • 研修センターの建設および備品支給(13カ所)
対象者
子ども、若者、保護者、行政職員、地域住民など 約1万8000人
プロジェクト規模
2億7000万円
目指す成果
若者、地域の住民、自治体関係者が女の子に差別的な社会規範に気づき、意識と行動を変えること。若者が職業技術を習得し貧困をなくすこと。これらを通じて、女の子が自らの意思で人生の選択ができるようになることを目指します。

※ このプロジェクトは、外務省(NGO連携無償資金協力)の支援のもと実施します。日本人職員が現地に赴任し事業統括を行う予定です

※ 各国の男女格差を測るグローバル・ジェンダー・ギャップ指数では、ベトナムは146カ国中83位(『The Global Gender Gap Report 2022』世界経済フォーラム)

お問い合わせ

TEL:03-5481-6100(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:hello@plan-international.jp
※ SP(スポンサー)番号をお持ちの方は、その番号をお知らせください。

現地の状況に合わせて、支援内容や期間が変更になる場合があります。プロジェクトの進捗状況は、活動レポートでご報告しています。

トップへ