ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

目に見えにくい搾取や虐待グローバル・プロジェクト

「児童労働をなくす地域づくり」プロジェクト(インド)

プロジェクトの概要

インド国内では580万人の子どもたちが児童労働に従事させられているという統計があります(※1)。児童労働のなかでも、家事使用人はわずかな賃金で、あるいは無報酬で非常に長い時間働かされ、身体的・精神的・性的虐待などを受けやすく、国際労働機関によって「最悪の形態の児童労働」に分類されています。一方で、貧しい家庭の子どもが裕福な家庭で働くため、親も雇い主も子どもの状況を改善するものとして正当化する場合が多いのが実情です。

このプロジェクトでは、児童労働が多いとされるアンドラ・プラデシュ州とオディシャ州において、「最悪の形態の児童労働」に従事する子どもたちの救出・保護・復学支援に取り組むとともに、地域コミュニティと連携して児童労働を予防する環境作りを目指します。

※1 出典:25 February 2015 SOUTH ASIA – Fact Sheet International Labour Office Children in labour and employment(PDF)

インド地図

は支援対象地域

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

保護されて聞き取りに応じる女の子

保護されて聞き取りに応じる女の子

保護され、寄宿学校で学べることを喜ぶ子どもたち

保護され、寄宿学校で学べることを喜ぶ子どもたち

プロジェクト番号 NO.18304
実施地域 アンドラ・プラデシュ州とオディシャ州
【活動国詳細】インド
活動の期間 2016年7月~2019年6月(2年度目)
活動内容(支援策)
  • 児童労働に従事させられている子どもの救出・保護・復学支援
  • コミュニティや関係者への意識啓発活動
  • 地域で児童労働を防止するための仕組み作り・アドボカシー
  • 家庭の経済力強化(家計の安定を通じた児童労働の予防)

<これまでの成果>
プロジェクト開始後、関係者やパートナー団体へのオリエンテーションやトレーニングを実施、プロジェクト実施ガイドラインを成果物として作成。このガイドラインをもとに活動を進めています。プロジェクト開始から6カ月間が経過する現在までに、救出活動を通じて、ホテルや飲食店、工場などで住み込みの家事使用人として働かされていた子ども52人(うち女の子9人)を保護。意識啓発やカウンセリングを通じて児童労働を未然に防いだケースは625件。子どもの権利や保護について学んだ保護者が、自分の子どもを家事使用人として働くのをやめさせるなどの成果が出ています。

対象者 14歳未満の子ども約7200人
プロジェクトの規模 約1億8200万円
目指す成果 「最悪の形態の児童労働」に従事させられている子どもたちが救出・保護され、教育など心身の健全な発育のために必要なサービスを得られるようになること。家庭(母親)の経済力の強化、啓発やアドボカシー活動を通じて地域の人々や雇い主の児童労働への意識を変えること。
上記を通じて、児童労働のない地域づくりを目指します。

※このプロジェクトの実現は、持続可能な開発目標(SDGs)の「目標4:質の高い教育をみんなに」「目標16:平和と公正をすべての人に」に貢献します

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

お支払い方法

クレジットカードでの寄付

クレジットカード


口座引き落とし

お手持ちの銀行口座からのお引き落としによるご寄付。

お問い合わせ

TEL:03-5481-0030(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:hello@plan-international.jp


SP(スポンサー)番号をお持ちの方は、その番号をお知らせください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン