本文へ移動

寄付をする

(2024年05月23日更新)

世界の国から「こんにちは!」。プラン・インターナショナルが活動する各国の子どもたちが、地域を紹介するシリーズ動画。案内役はプラン・スポンサーシップの活動に参加するチャイルドが務め、動画の撮影・編集は、情報発信のトレーニングを受けた若者たちが担いました。

生理用品を手に入れることが難しい

今回の案内役は、ガーナに暮らす13歳の女の子、プリシラさんです。彼女たちが選んだテーマは、地域の女の子たちが直面している生理の問題。生理用品が手に入らないことや、体を清潔に保つためのきれいな水が不足していること、若年妊娠の割合が高いことを説明してくれました。「生理中は、私も友だちも学校を休まなければなりません」と話します。

写真:「生理中は学校を休まなければなりません」

「生理中は学校を休まなければなりません」

性と生殖に関する健康と権利の大切さを学ぶ

しかし、これまでのプランとの活動を通じて、地域には変化も見られ始めています。女の子たちは月経衛生管理のトレーニングを受け、性と生殖に関する健康と権利について学び、さらに自分たちで布ナプキンを作れるようになりました。また、プランの支援で建設された掘り抜き井戸からは、いつでも清潔な水を得られるようになりました。「今では学校にも休まず通えるようになりました!」と嬉しそうに語るプリシラさんたちの動画をご覧ください。

写真:自分で作った布ナプキンを見せるプリシラさん

自分で作った布ナプキンを見せるプリシラさん

ガーナから「こんにちは!」~私の地域でのプランの活動を紹介します~ / プラン・インターナショナル (2分3秒)

ガーナは1957年にアフリカで最初に植民地から独立をはたした国です。アフリカ西部に位置し、国土は沿岸サバンナ、森林ベルト、北部乾燥サバンナという3つの植生帯に分かれています。ガーナの人口約2800万人のうち、子どもと若者が大部分を占めています。多くの人々が農村地域に暮らし、農業に従事しています。経済は農業・鉱業などの一次産品に依存しており、国際市場価格や、農作物の不作をもたらす自然災害の影響を受けやすく不安定です。

プラン・スポンサーシップ」は、地域全体を見守る継続支援。プランとともに活動し、地域を代表してプロジェクトの進捗やその成果を伝えたりする子どもたちを「チャイルド」と呼んでいます。ご支援者は、チャイルドと手紙などで交流できます。

地域の課題解決を一緒に応援していただけませんか?
「プラン・スポンサーシップ」にぜひお申し込みください。

寄付手続きに進む すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

毎月のご寄付(3000円、4000円、5000円から選択できます)

寄付手続きに進む画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

ニュースTOP

トップへ