ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

夏休み読書感想文コンクール2017 想像するチカラ。行動するチカラ。

イベント

(2017/06/07更新)

170606_main

プラン・インターナショナルは、「夏休み読書感想文コンクール2017」を開催します。

「子どもとともに進める地域開発」に取り組むプラン。同世代を生きる途上国の子どもの「今」、「等身大の姿」、そして彼らの持つ「夢」や「可能性」を知って欲しい、そしてより良い世界を創るためにできることを一緒に考えたい。そんな想いから日本においても開発教育に力を入れています。

本コンクールは、全国の中学生・高校生に広くプランの活動に興味、関心を持ち、参加いただきたく企画しました。審査員長は直木賞作家でプランの支援者でもある角田光代さんです。

ポスターイメージポスターイメージ

ポスターイメージ

募集テーマ

コンクール4年目を迎える今年は、Because I am a Girlキャンペーンに関連した新たな書籍を課題図書に加え、途上国の女の子が課題に立ち向かうチカラや女性のリーダーシップを知り、身近な社会の課題と関連づけて考え、自分ならどうするか、何ができるかを考える企画として実施します。

課題図書

「わたしはノジュオド、10歳で離婚」
河出書房新社
著者
ノジュオド・アリ
デルフィヌ・ミヌイ
鳥取絹子
写真:「わたしはノジュオド、10歳で離婚」河出書房新社 著者:ノジュオド・アリ、デルフィヌ・ミヌイ 訳:鳥取絹子写真:「わたしはノジュオド、10歳で離婚」河出書房新社 著者:ノジュオド・アリ、デルフィヌ・ミヌイ 訳:鳥取絹子

「国をつくるという仕事」
英治出版
著者
西水美恵子
写真:「国をつくるという仕事」英治出版 著者:西水美恵子 写真:「国をつくるという仕事」英治出版 著者:西水美恵子
「わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。未来をうばわれる2億人の女の子たち」
合同出版
著者
久保田 恭代
寺田 聡子
奈良崎 文乃(プラン職員)
「わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。未来をうばわれる2億人の女の子たち」 合同出版 著者:久保田 恭代、奈良崎 文乃、寺田 聡子(プラン職員) 「わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。未来をうばわれる2億人の女の子たち」 合同出版 著者:久保田 恭代、奈良崎 文乃、寺田 聡子(プラン職員)
●高校生推奨
「Because I am a Girl わたしは女の子だから」
英治出版
著者
アーヴィン・ウェルシュ
ティム・ブッチャー ほか
角田光代
「Because I am a Girl わたしは女の子だから」英治出版 著者:アーヴィン・ウェルシュ、ティム・ブッチャーほか 訳:角田光代 「Because I am a Girl わたしは女の子だから」英治出版 著者:アーヴィン・ウェルシュ、ティム・ブッチャーほか 訳:角田光代

応募・審査について

募集期間 2017年6月21日(水)~9月11日(月)必着 
応募資格 2017年6月時点で、中学生・高校生であること
応募方法
  • 下記応募書類をダウンロードして必要事項を漏れなく、強い筆圧で記入し、感想文(課題図書名、タイトル名を明記)と一緒に応募先まで郵送して下さい(メールでの応募はご遠慮ください)。
    感想文は、必ず作品毎に右肩をクリップで留めてください(ホチキスで留めないでください)。
  • 各応募書類は、必ずA4サイズで出力してください。
  • 学校応募の場合は、2017年7月21日(金)までに応募予定総数をE-mail :voice@plan-international.jpまでお知らせください。また、中高一貫校の場合、応募用紙は中学、高校別に送ってください。
応募書類 1200字以内(WEBサイト上の所定の原稿用紙3枚以内)
※応募用紙・原稿用紙はA4サイズで出力
協力・後援 主催:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
後援:外務省、国際連合広報センター、公益財団法人文字・活字文化推進機構
協力:公益社団法人ガールスカウト日本連盟、特定非営利活動法人開発教育協会/DEAR、NPO法人16歳の仕事塾、特定非営利活動法人全国女性会館協議会
審査員

審査員長:角田光代氏(直木賞作家/プラン・インターナショナル支援者)
審査員:プラン・インターナショナル関係者、協力団体関係者

●角田光代氏プロフィール
1967年、神奈川県生まれ。
1990年に「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。
『対岸の彼女』(直木賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)、
『坂の途中の家』など著書多数。

プランの活動視察(コロンビアにて)撮影/山田真実

プランの活動視察
(コロンビアにて)
撮影/山田真実

発表・賞 ●入賞発表
入賞者には2017年11月7日(火)までに連絡。
11月19日(日)に都内で表彰式を行い、入賞者と作品を角田審査員長の講評とともに発表します。
表彰式以降、ウェブサイト等にも掲載します。
●賞
中学生・高校生各3名を「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」として表彰
*賞品はBecause I am a Girl に関連する書籍やグッズ
100作品以上応募のあった学校、または全校生徒数の3割以上の応募のあった学校を「学校賞」として表彰
応募先
問合せ先
〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11F
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン「夏休み読書感想文コンクール2017」係
E-mail : voice@plan-international.jp
TEL : 03-5481-0030
著作権・個人情報の取り扱いについて

【著作権について】
著作権は主催団体であるプラン・インターナショナルに帰属するものとし、応募作品は返却いたしません。
入賞者の学校名、氏名、題名はWEBサイトなどに掲載することがあります。

【個人情報の取り扱いについて】
応募いただいた個人情報は、プラン・インターナショナルにおける個人情報の取り扱い手順に則り、厳重に管理し、資料送付、連絡業務、個人識別の目的に限り利用いたします。

入賞者からのメッセージ

「私たちの知らない世界」~仲間愛梨さん(2015年 高校生の部・特別賞)

写真:仲間愛梨さん(2015年 高校生の部・特別賞)
写真:仲間愛梨さん(2015年 高校生の部・特別賞)

この読書感想文コンクールへの参加は、私にとって「女の子だから」という不条理な理由で差別されている多くの女の子の存在、また彼女らを助けようと努力しているプランの活動を知るきっかけになりました。「女性差別のある国が存在する」という大まかな認識はみなさんあるかもしれません。けれどもただ認識があるということと、現状を深く知り熟考するということは大きく違っています。
このコンクールの課題図書はどれも私たちの知らない世界の現状を時には生々しくも教えてくれます。衝撃的な内容があるかもしれません。しかしそこから目をそらさず、また自分とは関係のないことだと割り切ったりせずに、これらの本を読んで今世界で起きていることを知ってほしいです。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

資料請求 寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • アカウンタビリティ・セルフチェック
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
毎月、2回
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • youtubeアイコン