ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

学校閉鎖中に増加する女性性器切除~ソマリア~

世界の各地から

(2020/05/20更新)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が1500人近く報告されている東アフリカの国ソマリアでは、「女性性器切除(Female genital mutilation/cutting、以下FGM/C)」の施術が増加しています。学校閉鎖中に、家にいる女の子の多くが施術の対象になっていることが強く懸念されています。

写真:首都ハルゲイサの小学生

首都ハルゲイサの小学生

女性性器切除(FGM/C)

約2000年前から続くと言われるFGM/Cは、大人の女性になるための通過儀礼・結婚の条件として、幼児期から15歳ごろまでの女の子の性器の一部を切除するものです。不衛生な環境で麻酔もなく行われることの多いこの施術は、出血や感染症などの命に係わることもあり、強い恐怖が心の傷として残る有害な慣習とされ、多くの国の法律で禁止されています。ソマリアはこの施術が今も合法な数少ない国の一つで、FGM/Cが世界でもっとも多く行われており、5~11歳の女の子の98%が経験しています

写真:施術され今も苦しむ女の子

施術され今も苦しむ女の子

学校閉鎖中に狙われる女の子たち

新型コロナウイルス(COVID-19)による学校閉鎖は、FGM/Cの施術を行う時間を生み出してしまいました。女の子が家におり、施術時間、その後の対応までの一定の時間が確保しやすくなるからです。さらに、感染拡大により、仕事を失ったり、経済的に苦しくなったりした人々が、FGM/Cの施術を行うことで収入向上を図ろうとしています。こうした施術師が、一軒一軒、女の子がいる家族を戸別訪問し、施術をしていることも、増加に拍車をかけています。

写真:食事の支度を任される12歳の女の子

食事の支度を任される12歳の女の子

わずか8歳で施術を受けた女の子も

報告されている事例の1つは、8歳と9歳の2人の姉妹への施術でした。姉妹はまだ何が起きたのかをよく理解できていません。この母親はほかの多くの母親と同様に、FGM/C は女の子にとって文化的な性に関する考えにおいて、また結婚の前提条件、そしてもっとも重要な宗教的通過儀礼として非常に重要であると考えているのです。

写真:サディア・アリン プランのソマリア国統括事務所長

サディア・アリン プランのソマリア国統括事務所長
「女の子と女性は自分の体について、自分で情報に基づいた判断をできるように自立し知識を持つ必要があります。女の子や女性にとって有害なこの慣習を改めるためには、家族や地域の人々、そして伝統的・宗教的リーダーを巻き込むことが重要です。FGM/Cは人権侵害であり、許容されるものではない、非難するべき行為であると皆が知るべきです。プランは、新型コロナウイルス(COVID-19)対応に『子どもの保護』と『性と生殖に関する健康』を据えなければならないと考えています。パンデミックのなかでも、この二つのサービスを受け続けられるよう優先度を上げることを政府に求めています」

プランは、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響が、FGM/Cの施術増加につながることを表明し、強く警鐘を鳴らしてきました。ソマリアに限らず、感染症流行の影で、女の子たちの長期的な健康と幸せを損ない緊急的な保護を必要とするFGM/Cが横行しています。紛争の影響を受け避難を余儀なくされている女の子と若い女性は、その危険がさらに高まります。今のままでは、これまで国際社会が取り組んできたFGM/Cを根絶するための努力を後退させ、今後の10年で200万人が施術を受ける可能性を現実のものにしてしまいます

  • ※ UNFPA; Impact of the COVID-19 Pandemic on Family Planning and Ending Gender-based Violence, Female Genital Mutilation and Child Marriage

プランは長年にわたり、FGM/Cから女の子を守る活動を続けてきました。今後も、ソマリアを含む50カ国以上で弱い立場にある女の子が有害な慣習の犠牲にならないように注意を払い、活動をすすめていきます。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト

プラン・インターナショナル・
ジャパン メールマガジン

登録

プランの活動や最新情報を
メールでお届けしています。

  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン