本文へ移動

寄付をする

女性性器切除から女の子を守る
妹を守ったアリアの勇気

  • スーダン

アフリカや中東などの約30カ国では、大人の女性になるための通過儀礼として「女性性器切除」(Female Genital Multilation、以下FGM)という慣習が残っています。死に至ることもあるこの慣習をなくすために実施した「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクトスーダンで参加した女の子のストーリーを紹介します。

イラスト:スーダンに住むアリア

スーダンに住むアリアは、15歳の女の子。
3年前からプランが運営する女の子クラブで、女の子が経済的に自立するための方法などについて学んでいます

特に、昔からこの地域に伝わる慣習であるFGM(女性性器切除)について詳しく学び、「この慣習はなくすべき」だと強く思うようになりました。

イラスト:アリアと妹

アリアには9歳の妹がいます。ある日、母親が妹にFGMの施術を受けさせようとしていることを知りました。
「大人になるために必要なこと」――そんな理由で、スーダンでは幼い女の子の多くがFGMの施術を受けています。

実はアリアも8歳のとき、何もわからないまま施術を受け、とても痛く辛い思いをしました。アリアは、妹を自分と同じ目にあわせたくありませんでした。

イラスト:ハワと話すヤスミン

アリアは両親に「FGMについて一緒に勉強してほしい」と頼みましたが、話を聞いてくれません
そこでプランのスタッフに相談すると、プランは地域で影響力のある村長に働きかけ、スーダンではFGMが犯罪にあたることなどを伝えました。

2020年にできた法律により、違反した場合には、最長3年の禁錮刑と罰金などの罰則が定められているのです。

イラスト:両親はプランが開催する研修に参加しました

村長からの説得で、両親はプランが開催する研修に参加しました。
FGMが「娘にとって必要なこと」と信じていた母親は、さまざまな弊害があることを知り、とても驚き、妹に施術を受けさせることをやめました。

アリアの勇気で、妹は施術から逃れることができたのです

イラスト:アリアと妹

今もアリアは女の子クラブで、FGM早すぎる結婚(児童婚)をなくすための活動をしています。また、妹とともにアクセサリー作りの職業訓練にも参加しています。

女の子がみんなFGM を受けずに、経済的に自立できる社会になりますように。
それがアリアの願いです。

※ illustration by Noriyuki Goto
2022年4月発行のプラン・ニュースの記事を再編集し掲載しました

この活動は皆さまの寄付により支えられています

イラスト:勉強するハワ

死に至ることもある有害な行為
「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクト
(ソマリア・スーダン)

このプロジェクトの詳細を見る

実話をもとにしたストーリー一覧

トップへ