ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

【経過報告】「災害に強い学校づくり」プロジェクト~バングラデシュ・ネパール~

グローバル・プロジェクト

ネパール

バングラデシュ

(2020/10/27更新)

プラン・インターナショナルは、2018年7月から、「災害に強い学校づくり」プロジェクト(バングラデシュ・ネパール)を実施しています。現在までの活動の進捗をご報告します。

背景

アジアでは自然災害の被害に遭う確率が世界の他地域に比べて圧倒的に高く、2000年から2018年の間、世界で自然災害に被災した人の84%、自然災害の結果亡くなった人の55%がアジアに集中しています。このプロジェクトでは、アジアの中でも、この数年多くの災害に見舞われているバングラデシュとネパールの2カ国にて、学校施設の整備や防災教育などの「予防」に取り組むことで子どもたちの命や安全を守るのと同時に、子どもたちが災害から立ち上がる力を身につけられるようサポートします。

写真:画像:「災害に強い学校づくり」プロジェクト(バングラデシュ・ネパール)

  • ※ 出典: Asian Development Outlook 2019 (ADB, 2019)

寄付手続きに進む
グローバル・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

活動のハイライト

ユースグループによる啓発セッション(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

ユースグループによる啓発セッション(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

ファーストエイド研修(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

ファーストエイド研修(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

自治体対象の早すぎる結婚対策ワークショップ(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

自治体対象の早すぎる結婚対策ワークショップ(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でのユースグループ会合(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でのユースグループ会合(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

子どもクラブのメンバー(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

子どもクラブのメンバー(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

防災アクションプランに取り組む生徒たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

防災アクションプランに取り組む生徒たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

学校での避難訓練(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

学校での避難訓練(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

自治体の災害リスク測定に参加する若者たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

自治体の災害リスク測定に参加する若者たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

ユースグループによる啓発セッション(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

ファーストエイド研修(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

自治体対象の早すぎる結婚対策ワークショップ(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

コロナ禍でのユースグループ会合(バングラデシュ) / ©プラン・インターナショナル

子どもクラブのメンバー(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

防災アクションプランに取り組む生徒たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

学校での避難訓練(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

自治体の災害リスク測定に参加する若者たち(ネパール) / ©プラン・インターナショナル

活動内容

プロジェクトの2年目となる今期は、バングラデシュ、ネパールともに前期より多くの関係者を巻き込み、活動を行いました。学校における防災活動支援に加え、周辺地域や自治体の災害への備えを高める活動にも力を入れています。

バングラデシュでは生徒による防災活動のためのタスクフォースを形成し、災害に備えて、緊急時のコミュニケーションや避難訓練の実施方法などを学びました。一方、地域の若者で組織された防災グループが、地域住民に対して防災啓発を行いました。
ネパールでは自治体との連携にも力を入れています。プロジェクトの対象校および周辺地域において、行政と災害マネジメントに関する意見交換会を開きました。プランの活動のモニタリングに行政の担当者も参加するなど、地域の防災・気候変動対応プランの策定も自治体と協力して行いました。

2020年4月以降は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、大幅に活動を制限していますが、3年目は慎重に感染対策を実施した上で精力的に活動を実施していく予定です。

おもな活動の成果

地域 【バングラデシュ】クリグラム県
【ネパール】スンサリ県
期間 3年(2018年07月~2021年06月)
2020年度
おもな支援内容と対象

【バングラデシュ】

  • 対象12校に形成された防災タスクフォース(60グループ)
  • ユースグループを対象に開催した防災セッション(12グループ、48回)
  • 防災啓発活動に参加した地域住民(女性1万6792人、男性551人)

【ネパール】

  • 対象5校に形成された防災子どもクラブ(5グループ)
  • 作成した災害リスクマップ(12枚)
  • 行政と実施した災害リスクアセスメント研修への参加者(女性98人、男性211人)

現地の声

写真:シリナさん、17歳、ユースクラブメンバー(バングラデシュ)

シリナさん、17歳、ユースクラブメンバー(バングラデシュ)
「私はもともとユースグループの活動に参加することに対してとても消極的でした。しかし、地域で活躍し、貢献しているみんなをみて、私も参加することにしました。学校だけでなく、学校の周辺地域も災害に備えられるように、たくさんの活動に参加したいです」

写真:二ランさん、対象校の教師(ネパール)

二ランさん、対象校の教師(ネパール)
「プランが実施する多くの研修に参加し、災害リスクや気候変動に関して学びました。学校では、課外活動を通じて、学んだ知識を生徒たちに伝えています。また、家族とも相談し、災害に備えて防災用品を用意するようにしました」

寄付手続きに進む
グローバル・プロジェクト 毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
画面右側の「未完了の寄付手続き」ボタンより手続きにお進みください。

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト