本文へ移動

寄付をする

死に至ることもある有害な行為「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクト

  • プラン・グローバルサポーター
  • ソマリア
  • スーダン

アフリカと中東地域の約30カ国で、約2000年前から続くと言われる「女性性器切除」(Female Genital Mutilation、以下FGM)。大人の女性になるための通過儀礼・結婚の条件として、幼児期から15歳ごろまでの女の子の性器の一部を切除するものです。不衛生な環境で麻酔なしで行われることも多く、激痛と出血をともない、命を落とす女の子もいます。死に至らなくとも、感染症や出産への悪影響を引き起こし、強い恐怖が心の傷として残る場合もあります。

FGMを禁ずる国際条約を批准し、法律で禁止する国も多いなか、ソマリアはFGMが合法である数少ない国の一つで、15歳から49歳の女性のうち99%が施術されています※1。スーダンではFGMが刑法で禁止されていますが、法の執行が不十分であるため、今も水面下で広く続けられており、15歳から49歳の女性のち86.6%が施術されています※2。FGMが女の子や女性におよぼす負の影響について知られつつありますが、大人の女性になるために必要なこと、女の子が良い結婚をするための条件などという考えが根強く、やめるという決断を下すことが難しいのです。

このプロジェクトでは、ソマリアとスーダンでFGMの被害を受けた女の子の心身のケアと同時に、家族や地域住民、行政にむけてFGMの根絶を働きかけます。

※ このプロジェクトは2017年7月よりエチオピアのサウス・エチオピア活動地域シェベディーノ郡に続き、アムハラ活動地域アファール州で実施。2020年7月よりスーダンのホワイト・ナイル活動地域白ナイル州で実施しました。この経験とノウハウを生かして、スーダンで施術率が高く、ニーズの高いガダーレフ州にプロジェクト実施地域を移します。また、新たに、施術率が高いソマリアでも2023年1月よりプロジェクトを開始しました。

寄付手続きに進む 毎月の寄付 すでに選択しています。 画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

今回の寄付(1回)はこちらから今回の寄付(1回)をすでに選択しています。
画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

性と生殖に関する健康と権利についての啓発活動(ソマリア)

性と生殖に関する健康と権利についての啓発活動(ソマリア)

ジェンダー平等やFGMの弊害について学ぶ女の子たち(スーダン)

ジェンダー平等やFGMの弊害について学ぶ女の子たち(スーダン)
ソマリア地図
は支援対象地域
クリックで拡大します
スーダン地図
は支援対象地域
クリックで拡大します
プロジェクト番号
10501
活動の期間
(ソマリア)2023年1月~2027年12月
(スーダン)2023年8月~2025年10月
実施地域

ソマリア)トグデール州、ヌール州、マローディ・ジェーハ州

【活動国詳細】ソマリア

(スーダン)ガダーレフ州

【活動国詳細】スーダン

活動内容
(支援策)
  • 巡回診療によるFGMを施術された女の子・女性を対象とした医療サービスの提供および乳幼児と妊産婦を対象とした母子保健サービスの提供
  • 保健・医療従事者を対象としたFGM合併症を含む医療サービス・母子保健サービス提供にむけた能力強化
  • 女の子や男の子、若者を対象としたジェンダー平等促進およびFGM根絶にむけた対話、アドボカシースキルの能力強化
  • 地域住民を対象とした「FGM根絶キャンペーン」、「女性性器切除(FGM)の根絶ための国際デー」(2月6日)等の啓発イベント
  • 行政や地域リーダーを対象としたFGMを禁止する法律の遵守のための能力強化
  • 地域住民や行政によるFGM防止にむけた子どもの保護メカニズムの構築
対象者
  • FGMの対象年齢である17歳までの高リスクグループの女の子
  • 18歳~24歳までの若者
  • 5歳までの乳幼児と子ども、妊産婦
  • 保健・医療従事者、行政職員、地域リーダー、保護者、地域住民など
プロジェクト規模
約6億2000万円
目指す成果
FGMを施術された女の子が必要とする医療ケアを受け、少しでも心身の健康を取り戻すこと。被害者になりうる女の子自身だけでなく、男の子や若者も地域でFGM根絶を促進するための力を身につけること。FGM根絶にむけた法的措置の強化や子どもの保護に関する関係者の協力体制を整えること。
これらを同時にすすめることで、長期的にはFGMが根絶されることを目指します。

寄付手続きに進む 毎月の寄付 すでに選択しています。 画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

今回の寄付(1回)はこちらから今回の寄付(1回)をすでに選択しています。
画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

お支払い方法

クレジットカードでの寄付

クレジットカード


口座引き落とし

お手持ちの銀行口座からのお引き落としによるご寄付。

お問い合わせ

TEL:03-5481-6100(平日9:00~17:30)
FAX:03-5481-6200
E-mail:hello@plan-international.jp
※ SP(スポンサー)番号をお持ちの方は、その番号をお知らせください。

現地の状況に合わせて、支援内容や期間が変更になる場合があります。プロジェクトの進捗状況は、活動レポートでご報告しています。

トップへ