ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

8/12国際青少年デーに寄せて~プラン・ユースグループのこれまで、これから~

ユースの活動レポート

(2020/08/12更新)

毎年8月12日は、国連が定めた「国際青少年デー」です。この国連デーは、若者(ユース)が社会のあらゆる分野に参加し、意見を反映させられる未来を目指して制定されました。

  • ※国連が定義する「若者」:15~24歳までの世代を指す

プラン・インターナショナルは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、以下SDGs)の中でも、特に目標5:「ジェンダー平等の達成」に注力しています。ジェンダー平等達成のために取り組まなければならない課題は国内外に山積しており、こうした課題は若者を含めた多様性をもって取り組まなければ解決することは不可能です。

日本のプランでは、全国から毎年約30人の若者が集まり、プラン・ユースグループとして活動を続けています。プランの事業改善や国内課題に取り組みながら、ジェンダー平等達成のために貢献してきました。これまでの活動についてご紹介します。

写真:プランとともに活動するユースたち

プランとともに活動するユースたち

ユースグループのこれまでの活動

2019年度の活動

  • 1:「広告におけるジェンダーの描かれ方」について若者の意識調査を実施
    調査から見えてきた現状や課題を、広告の業界団体である日本アドバタイザーズ協会へ提言しました。活動を通して、企業がジェンダーに対する固定観念の払拭にすでに取り組んではいるものの、購買者の共感を得るために「男性は会社で働いているもの、女性は家事をしているもの」といったジェンダー観を、広告の中に残していることがわかりました。

    写真:提言を読み上げるユースメンバーたち

    提言を読み上げるユースメンバーたち

  • 2:ジェンダー課題についての啓発活動と意識調査の実施
    「デートDV」「性的同意」「早すぎる妊娠」の課題について自主企画イベントなどで啓発活動を行いました。また若者500人に行った意識調査では、これらの課題がタブー視されやすく、自由に語り合う場が少ないこと、自分事として捉えられるような学びの機会が不足していることが見えてきました。こうした現状を改善するために、引き続きジェンダー課題について自由に語り合える場を設けていきたいと考えています。

これからの活動

  • 1:「もっとも若者に近いNGO」を目指す
    プラン・ユースグループの活動のひとつにアドバイジングがあります。プラン・インターナショナルの理事会や役員定例会などに参加し、若者の声が組織の意思決定に取り入れられるよう働きかける活動です。現在は、各部署から事業内容に関する説明を受け、プランの組織や各部署の業務について理解を深めています。今後は、プランの活動により若者の視点を取り入れ、「もっとも若者に近いNGO」となるよう取り組んでいきます。

    写真:ワークショップで議論するメンバー

    ワークショップで議論するメンバー

  • 2:オンライン・ハラスメントがない社会をつくるために
    社会に対し政策提言を行うアドボカシー活動として、オンライン・ハラスメント(オンライン上で行われる嫌がらせや誹謗中傷)に関する調査活動の準備をすすめています。日本における女の子や若い女性へのオンライン・ハラスメントの実態を探るために、有識者や活動家へのインタビュー、若者とグループ・ディスカッションを実施する予定です。また、SNSで若者にむけて情報発信し、共感を広げていきます。

「メンバーのやる気を形に!若者の声を届けたい」
プラン・ユースグループ代表 佐藤さん

写真:プラン・ユースグループ代表 佐藤さん

「メンバーがやりたいと思う政策提言活動や啓発活動、組織意思決定への参加を通して、事務局内の方々ともコミュニケーションを深めながら、プランとともに一人でも多くの人が既存のジェンダー観に捉われずに、自分らしく生きられる社会を目指していきたいと考えています。

メンバーの中には、ジェンダー課題に強く関心を示す人やすでに自身で活動を展開している人が多く、とても頼もしく感じています。私自身もそうですが、活動をしているメンバーは、プランの理念に強く共感しています。グループで活動することで、個人で活動するよりもより大きな影響を与えられるのではないかと考えています。私自身、そのような意欲の高いメンバーとともに活動を展開していけることに大きな喜びと期待があります。

一方で、新型コロナウイルスの影響で今年は一度も直接会えず、オンラインで活動を続けていくことに困難も感じています。こうした状況の中でもメンバーが安心し、活動を行える空間を創造できるように積極的にコミュニケーションを取ることを心がけています。2021年度(2020年7月~20201年6月)はユースグループの活動をさらに飛躍させるために、力いっぱい取り組んでいきます。皆さまの応援をよろしくお願いいたします!」

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ
  • 国連グローバル・コンパクト
  • メールアイコン
  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン