本文へ移動

寄付をする

テーマ別:気候変動、食料危機

「気候変動と女子教育:障壁、ジェンダー規範、回復力 への道筋」 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動の影響について女の子から生の声を聞くことで、気候変動がどのように彼女たちの教育に影響を及ぼしているかを明らかにしたものです。

アジア太平洋地域の女の子たちの気候正義活動とリーダーシップ 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動問題に取り組む女の子とユース女性がどのように活動しているのか、活動に当たっての障壁などを考察、提言をまとめたものです。

「未来のために:気候正義と教育に関するユースの声」 出版年: 2023年

本報告書は、30名のユースアクティビストが、気候変動が教育に与える具体的な影響について考察し、その解決にむけた提言をまとめたものです。

「気候正義 子どものための損失・損害資金」 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動に関連した損失・損害が子どもの権利とウェルビーイングに及ぼす影響を紹介しています。

「気候正義 子どものための損失・損害資金」 出版年: 2023年

本報告書は、気候変動に関連した損失・損害が子どもの権利とウェルビーイングに及ぼす影響を紹介しています。

「事例研究 気候変動の影響緩和に向けてユースが 担う役割」 出版年: 2023年

本報告書は、インドネシアにおけるユースを主役とした気候変動問題に対応するプログラムを、事例と共に紹介しています。

「放置された危機 提言書」 出版年: 2023年

ブルキナファソ、二ジュール、カメルーン北西部・南西部、モザンビーク、ハイチなど、紛争下の国で生き抜く子どもたち。よりよい保護と支援を提供するための提言をまとめました。

「不可能な選択、聞こえない声」 出版年: 2023年

本報告書は、マリやブルキナファソを中心とする中央サヘル地域における紛争、気候変動、食料不安などがもたらす人道危機が、いかに女の子たちが持つさまざまな権利(保護、健康、教育、参加)を抑圧しているかを調査、分析したものです。危機下における女の子の権利の確保にむけて政府や支援団体、市民社会がとるべき対応についても提言しています。

「アフリカの角における飢餓と干ばつ危機のジェンダーによる影響」 出版年: 2023年

本報告書は、干ばつの影響を受ける人の数が増加しているアフリカの角の各国の状況を分析し、女の子と若い女性への影響を示しています。

「目標未達:子どもたちのための気候資金格差への対応」

気候変動危機の矢面に立たされている子どもたちが、気候変動への資金提供の約束から見過ごされていることを指摘する本報告書では、気候変動対策資金を、「現在子どもたちが経験している著しく増大している気候危機に対応しているか」「子どもにとって重要な社会サービスのレジリエンス(強靭性)を強化しているか」「変革の担い手として子どもたちの能力を強化しているか」という3つの基準を用いて評価しています。

「子どもの保護と食料安全保障:人道的環境における関連性の検証」 出版年: 2022年

本報告書は、気候変動による損失と損害の影響について分野縦断的なジェンダー平等の視点でユースと共に考察し、国際社会に一国の猶予もない行動への呼びかけを行っています。

「最前線から」 出版年: 2022年

本報告書は、気候変動による損失と損害の影響について分野縦断的なジェンダー平等の視点でユースと共に考察し、国際社会に一国の猶予もない行動への呼びかけを行っています。

「飢餓の向こう側 地球規模の食料危機におけるジェンダーの視点から見た影響」 出版年: 2022年

現在起きている地球規模の食料危機は、さらなるジェンダー不平等を引き起こしています。食料糧危機が深刻な8カ国の現状を紹介します。

「女の子の権利と地球規模の飢餓危機」 出版年: 2022年

根強いジェンダー不平等に飢餓危機が重なると、多くの場合、女の子と女性に偏った影響が及びます。本報告書では人権、特に女の子の権利と飢餓の交わりとつながりに焦点を置いて、人権に基づくアプローチの力とその意味について説明しています。

ユースとグリーンスキル~持続可能な未来への準備

世界が気候変動や環境破壊、資源不足などの問題に直面する今、従来の化石燃料に依存した経済から脱却し、低炭素で資源効率性、社会的包摂性の高い「グリーンエコノミー」へ移行することは喫緊の課題とされています。未来を担う若者たちが、新しいグリーンエコノミーの労働市場に参入する準備ができていると感じているか、また参加の機会や障壁についてどのように捉えているかをよりよく理解するため、世界53カ国の若者2229人(15歳~30歳)を対象にオンライン調査を実施しました。

「世界の飢餓と女の子への影響」(2022年)

世界的な食料危機が女の子に及ぼす影響について、9カ国の現状を紹介。ジェンダーの視点を取り入れた世界規模での取り組みの必要性にも言及しています。

「アフリカの角」における食料危機(2022年)

アフリカ大陸東端の「アフリカの角」と呼ばれる地域では今、かつてないほど深刻な食料危機が発生しています。資料では、プランが緊急支援を行っているケニア、ソマリア、エチオピアの現状と課題について、ウクライナ紛争が東部アフリカの食料供給に及ぼしている影響にも触れながら、国際レベルでの迅速な人道支援の必要性を強調しています。

「ファクトシート:中央サヘルの食料危機」(2022年)

壊滅的な飢餓に瀕しているアフリカ。なかでもマリ、ニジェール、ブルキナファソを含む「中央サヘル地域」では、長期化した紛争、大規模な強制移動、気候変動、社会的・政治的な不安定によってより食料危機が深刻な状況にあります。資料では3カ国の置かれた現状をデータで示すと同時に必要な支援について紹介しています。

気候変動教育とユース・リーダーシップの再考:調査レポート

気候変動の問題に関するユースの意見や経験を知ることを目的に、37カ国の15~24歳のユース約1800人を対象に、「気候変動への懸念」「気候変動に関する教育」「気候変動政策プロセスへの参加」についてのアンケート調査を行いました。

気候危機における思春期の女の子たち:ザンビアとジンバブエからの声

プランでは、サブサハラアフリカのザンビアとジンバブエで気候変動が思春期の女の子とユース女性の教育アクセスにどのような影響を与えているか、ユース女性調査員が中心となって調査を実施、その結果と提言を2021年9月に発表しました。調査では、気候変動による自然災害や食料不足の結果、ジェンダーの不平等が悪化し、女の子が中途退学と強制された早すぎる結婚などに直面するリスクを高める要因になっていることを指摘しています。

『気候変動と女の子の権利~新たな取り組み~』(2020年)

気候変動は、世代を超えて影響をおよぼし続けます。特に最も貧しい国々で取り残された環境にある女の子たちは、気候変動において厳しい状況におかれています。報告書では、こうした状況の改善のために必要な行動を提言します。

トップへ