本文へ移動

寄付をする

FGM合併症に苦しむ女の子を救う巡回診療~女性性器切除から女の子を守るプロジェクト~

(2024年02月01日更新)

2月6日は国連が制定した「女性性器切除(Female Genital Mutilation、以下FGM)」根絶のための国際デー」です。
FGM は、アフリカを中心に約2000年前から行われている慣習で、女性の外部生殖器を部分的または全体的に切除するものです。FGM施術の背景は国や地域によってさまざまですが、多くは大人の女性になるための通過儀礼、結婚の条件などとして行われています。施術は激痛と出血をともない、ときには命を落とすことも。強い恐怖による心の傷だけでなく、排尿障害や難産など、生涯にわたる後遺症に苦しむ場合もあります。

イメージ:Female Genital Mutilation

FGMを禁ずる国際条約を批准し、法律で禁止する国も多いなか、ソマリアはFGMが合法である数少ない国の一つで、15歳から49歳の女性のうち99%が施術されています※1
スーダンではFGMが刑法で禁止されていますが、法の執行が不十分であるため、今も水面下で広く続けられており、15歳から49歳の女性のち86.6%が施術されています※2

このプロジェクトでは、ソマリアとスーダンでFGMの被害を受けた女の子の心身のケアと同時に、家族や地域住民、行政にむけてFGMの根絶を働きかけています。これまでの活動の進捗と成果を、プロジェクトに参加した人々の声とともにご紹介します。

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

国内避難民キャンプや遠隔地の村で巡回診療を展開

写真:国内避難民キャンプでのカダンさん

国内避難民キャンプでのカダンさん

ソマリアでは、巡回診療(モバイルクリニック)により、FGMの合併症に苦しむ女の子や女性の治療を行っています。対象地域の1つである国内避難民キャンプでは、最寄りの病院まで徒歩で数時間かかるうえ、診療費用の負担も大きいことから、多くの人が適切な治療を受けることができませんでした。巡回診療を開始したことで、キャンプ内の女性が金銭的な負担なしに、定期的にFGM合併症の治療を含めた医療サービスを受診できるようになりました。

41歳の母親、カダンさんは、「以前は診療所が遠く、病気の子どもを抱えた母親が助けを求める姿を見て、無力感を感じていました。巡回診療のおかげで、今では母親や子どもたち、FGM合併症に苦しむ人たちが必要な治療を受けることができています。このプロジェクトは、地域社会に大きな影響を与えています」と話します。

国内避難民キャンプや遠隔地の村では、巡回診療の存在が徐々に周知され、多くの人々が医療サービスを受けられるようになりつつあります。

適切な治療でFGM合併症「フィスチュラ」が完治

写真:避難民キャンプを歩くヒボさんと娘

避難民キャンプを歩くヒボさんと娘

23歳の母親、ヒボさんは、最初に巡回診療を受けた参加者の1人です。2023年6月、彼女はFGM合併症の「フィスチュラ(女性の直腸や膀胱等に穴が開く症状)」の治療を受け、完治しました。

「何カ月もの間、痛みに耐えながら1人で苦しみ、希望を失っていました。巡回診療のことを聞いたとき、希望の光が見えました。医療の助けを求める勇気を持つことができました」と語ります。

写真:ソマリアの巡回診療の様子

ソマリアの巡回診療の様子

ヒボさんの話は国内避難民キャンプ中に広まり、多くの人が彼女の勇気に感銘を受けるとともに、巡回診療で適切な医療を受けることの大切さを理解しました。

活動地域では長期的にFGMの合併症に苦しむ人も多く、難産や分娩障害のリスクに直面する人もいます。また、国内避難民キャンプなどでは、適切な治療を受けることができず、フィスチュラを発症してしまうリスクも高くなります。ソマリアのプロジェクトでは、医療機関のない遠隔地で定期的に巡回診療を実施し、FGM合併症の治療に加え、母子保健に関する啓発活動や、女性が将来に希望を持てるよう精神的なケアも行っていきます。

写真:スーダンの事業開始ワークショップの様子

スーダンの事業開始ワークショップの様子

2020年7月より、スーダンの白ナイル州で開始したプロジェクトは、2023年7月より、ガダーレフ州に実施地域を移しました。引き続き女の子や男の子の能力強化、地域住民や家族との対話や啓発イベントなどを実施する予定です。

今後も、ソマリアとスーダンの2カ国で同時にプロジェクトを実施することで、互いの学び合いを促進しながら、FGM根絶を目指していきます。

寄付手続きに進む
毎月 1000円~
すでに選択しています。
画面下側の「あなたにできること」ボタンより手続きにお進みください。

2024年2月16日(金)
20:00~21:00

【プラン・ラウンジ2月】オンライン開催 「ソマリアからFGMをなくすために~『女性性器切除から女の子を守る』プロジェクト~(2/16)」
場所:Zoom配信
参加費:無料
申し込み締め切り:2月14日(水)

活動レポートTOP

トップへ